亜鉛とシリカの効能効果で薄い爪を厚くする方法

亜鉛とシリカの効能効果で薄い爪を厚くする方法をご紹介します。

亜鉛の効能効果

亜鉛は必須ミネラルであり人間の体になくてはならない栄養素。

たんぱく質の合成や細胞分裂に作用し、
造血作用、皮膚や粘膜の形成に関係する。
味覚、代謝、免疫にも効能があるとされる。

亜鉛を含む食べ物はレバー、牡蠣、ナッツ、
ほたて、など。

食べ物およびサプリメントなどで
亜鉛の摂取を多くした人は、爪が厚くなった、
髪の毛が太くなった等と亜鉛の効果効能を実感する
のは有名な話。

皮膚にも関係します、お肌のためにも健康維持のためにも
亜鉛は多めに取るべき。

シリカ

シリカとは二酸化ケイ素のこと。
酸化したケイ素。

ケイ素も亜鉛と同じ必須ミネラル。

人間の体内において骨、軟骨、血管、内臓、髪、
そして爪にも含まれる。

シリカの効能効果

シリカ(ケイ素)はコラーゲンの結束、
抗酸化作用、殺菌滅菌、アンチエイジング、
デトックスなどが挙げられています。

主に体内の機能や状態を正常化して保つ
恒常化という機能があるとされます。

健康な体を維持しようとする働きがある。

薄い爪を厚くする方法

爪はケラチンという硬いタンパク質で形成されています。
髪の毛や鳥類のクチバシや動物の角などと同じ。

もし毎日のお食事で栄養不足となり、
タンパク質が不足していれば爪や髪も弱くなる。

爪を厚くするには、まずタンパク質を豊富に取ること
重要になります。
良質なタンパク源として肉、魚、卵、牛乳などを食べる。

亜鉛とシリカの効果と爪の強化

爪は細胞分裂でできたタンパク質が角質化して
体の外に飛び出してきたもの。

たんぱく質の合成、代謝には亜鉛が欠かせません。
だからこそ亜鉛を取ると爪が太く厚くなるのです。

また、爪はケラチンですが、コラーゲンも関係しているとされます。
コラーゲン摂取を強化した人々の肌がよくなっただけでなく、
爪や髪もよくなったと実感したという実験結果もでてきています。

コラーゲンは肌における皮膚細胞層で表皮の下に位置する
真皮層において敷き詰められています。
まさに爪が生えてくる、角質化する付近ですから、
コラーゲンが働きかけても不思議はありません。

コラーゲンは繊維状で形成しており束になっている。
この結束を作るのがシリカ(ケイ素)なのです。
コラーゲンを促進するにはシリカが必須。

亜鉛の効能効果と、シリカの効能効果の両方があれば、
爪の状態は強化される。

亜鉛とシリカの効能効果で薄い爪を厚くする方法として、
ぜひお試しください。

関連記事

爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
薄い爪を厚くする方法ならケイ素で体内から保護ケアするのがよい
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
水溶性ケイ素水の効能で爪を強くする
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
爪を厚くする塗り薬としての水溶性ケイ素水
男の爪を強く丈夫にするなら水溶性ケイ素水がいい

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ