巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意

巻き爪を予防する歩き方について。

普段、自分自身がどういう歩き方をしているかは
なかなかわからないもの。
巻き爪になってしまう主な原因は深爪、爪の切り方であることが多いのですが、
これまで爪先に力がかかった歩き方をしてきた人はこれを解消したい。

爪先から着地するのではなく、かかとから着地。
それが無理でも足の裏全体で着地するような意識を持つだけで変わってきます。

姿勢を正しく胸を張って、猫背はいけません。
内股、ガニ股など、足のつく位置も正しましょう。

おかしな歩き方、足への負担がおかしい場合は靴に現れます。
一部分ばかりが異常に擦り減っているなら、そこから着地している、
その辺りに圧力がかかっているということがわかります。

こういったことからもおわかりの通り、女性のハイヒールはよくありません。
ミュールくらいの高さも避けたいくらい。
おしゃれしたい気持ちはわかりますが、運動靴などが歩くこと、
爪への圧力を分散するという点では一番よい靴だと言えるのです。

靴のサイズですが、まずは小さいサイズの靴を窮屈に履いているのはよくありません。
巻き爪、湾曲爪、陥入爪の原因になります。
ブーツのように密閉した状態も爪の変形を招く。

逆にサイズが大きければ大きいほどよいかと思われがちですが、
小さいよりはよいものの、あまりに大きいと指先の踏ん張りがきかずに、
余計な力が爪にかかってしまうことがあります。
大きすぎる靴もよくない。

正しくフィットしたサイズの靴を履いて、歩き方を改善していけば
巻き爪や陥入爪を予防できます。

既に巻き爪や陥入爪の場合は、患部の直接的な治療が必要になりますが、
靴や歩き方も意識すれば、こじらすことなく早期の完治を目指せます。

関連記事

巻き爪とは?原因と予防法
痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
巻き爪治療、自分で矯正する治し方
巻き爪ロボとは巻き爪の矯正器具、自作方法はある?
巻き爪を予防する爪の切り方
手の爪も巻き爪になる?足の爪だけの病気?
爪の親指の腫れは巻き爪になってるから?
巻き爪と爪切りの関係は?巻き爪用の爪切りってある?
陥入爪と巻き爪は同じようで違う症状、その違いは?
陥入爪が巻き爪の原因になるか
爪白癬が巻き爪の原因になるか

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ