失敗しないブライダルネイルのコツ。結婚式とネイルケア


失敗しないブライダルネイルのコツをご紹介します。

結婚式とネイルケア

結婚式、それは一生に一度の晴れの日。
特に女性にとっては結婚式への憧れが大きい人も多く、
それ故にこだわりも強くなりますよね。

準備することが多くて忘れがちですが、手、指先、
爪のお手入れにも気を付けたい。

ブライダルネイル

普段ネイルをしない人でも、結婚式当日にブライダルネイルを
する人は多いです。

実際、アルバム用の写真では、指輪交換の場面や
ブーケを持っている手のアップを撮影することもあり、
意外と手元が写真に残ります。

だからこそ後悔のないお気に入りのネイルで当日を迎えたいところ。

失敗しないブライダルネイルのコツ

ではどのようなブライダルネイルなら失敗がないのでしょうか。

ポイントは2つあります。

シンプルで華やかなデザインがおすすめ

1つは、シンプルかつ華やかなデザインを選ぶことです。
一生に一度だからと、ゴテゴテの派手なネイルにするのはNGです。
来賓には会社の上司や年配の方もいますので、あまり派手な
デザインではなく、長さも長すぎない、
花嫁のイメージに合う清楚で落ち着いたデザインが誰から見ても
好印象です。

シンプルな中にもワンポイントでアートやパーツを入れると、
派手にならずに華やかさを演出でき、自分らしさやセンスを
出せてオススメです。

お色直し後の衣装に合わせるのがポイント

2つ目はお色直し後の衣装に合わせたネイルにすることです。
結婚式でお色直しをする人が多いと思いますが、
2着目がカラードレスにしても、着物にしても、
2着目の衣装に合わせたネイルにするのがいいのです。

ブライダルネイルというと、ホワイト系のネイルが多いイメージですよね。
ホワイトのネイルももちろん素敵ですが、2着目の衣装の色によっては
ホワイトネイルだと手元が浮いてしまう場合があります。

逆に白ドレスにはどんなカラーのネイルでもある程度合わせやすいので、
2着目の衣装の色に合わせたネイルにすると失敗がないです。

特にピンクやベージュなどの肌なじみのいいカラーであれば
どんな衣装でも浮かず合わせやすいですよね。

写真撮影のタイミング

2着目の衣装の色に合わせたネイルの方がいい理由はもう1つあります。
それは結婚式のスケジュール的に、お色直しをしてからの方が、
ネイルがゲストの目に入る機会が多いからです。

結婚式の多くが、キャンドルサービスなどでゲストと至近距離で
会うのは衣装を変えてからのことが多いです。
特にキャンドルサービスでは手元にゲストの注目が集まりますし、
ラウンドフォトではテーブルごとに写真を撮るので、
その時の衣装に合ったネイルをしているととても好印象です。

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ