ジェルネイルは強いのが魅力。爪が伸びてきたらネイルサロンへ直しに行く

ネイルサロンは色々な店舗があります。
そして、やっぱりジェルネイルが綺麗に仕上がってなおかつ楽なのです。

ジェルネイルで爪が伸びてきたらネイルサロンへ直しに行く

かつては普通のネイルサロンにも行っていましたが、ジェルネイルがおすすめ。
ジェルの強さは魅力的です。
欠けたり痛んだりすることがほとんどありません。
月一回程度しか通っていませんが、ネイルの痛みを感じたことはほぼありません。

むしろ痛むよりも爪が伸びてしまうので、ジェルネイルをし直しに行くという感覚です。

ジェルネイルの魅力

ジェルネイルは見た目もぷっくりつやつやとしてかわいらしいのも魅力の一つ。

クリアな感じが特に可愛いと思います。ラメやスパンなどでも遊べます。

施術はある程度時間がかかりますが、なんといっても持ちが良いので、
こまめに通う必要がなく、とっても楽だと思います。

ジェルネイルのデメリット

そのように持ちが良い、長持ちするということは、
逆にデメリットとして人によっては飽きてしまうかもしれません。
そのくらい持ちが良いのです。
一か月は余裕で綺麗な状態を楽しめます。

家事や仕事をしていても引っかかりはほとんど感じません。
むしろジェルネイルをしている状態の方が自然に感じるほどです。
爪の保護にも役立っているように思います。
もともと爪が薄く引っかかったり欠けやすかったのでとても助かっています。

他にデメリットがあるとすれば、普通のネイルの方が、
ネイルアートなど細かな描写力には優れているように感じます。
いつもそのようなものはしていないので調べればできるのかもしれませんが、
もっとシンプルなラメなどのきらめきのあるデザインで楽しんでいます。
そちらの方がメインになるのではないでしょうか。

イラストなどを楽しみたい場合は普通のネイルアートに軍配が上がるかもしれません。
ただジェルネイルの方が強いです。水仕事なども気にせず刷ることができます。

ジェルネイルをオフするために再びネイルサロンへ

ジェルネイルは強いので施術としては、前回のジェルを専用の薬液で落とすところからはじまります。
落とした後は爪の状態がよくないです。見栄えが悪いです。

ですので、すぐに次のジェルネイルをしてもらうようにしています。
もし爪の伸びるのが遅かったら、一か月以上余裕で持つのではないかと思えるほどです。

私は仕事がらあまり爪を長くすることはできません。
それでもジェルネイルはおかしくない見た目に仕上げてもらっています。
爪が伸びると、根元のところが素の爪になって見えてしまいます。
それだけが困ったところです。
また専用の薬液以外ではとることができないので、
取りたい時もお店にオフしに行く必要があります。

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ