グリーンネイル。ジェルネイルで爪にカビが生えた?驚いた体験談


ジェルネイルが好きで、いろいろなデザインをとっかえひっかえ
楽しんでいる女性もいるでしょう。

ネイルサロンで両手をやってもらうと料金は6000円ほど。
まだジェルネイルの料金が高かった頃の時代には、
珍しさとそのキラキラした感じが気に入って止められなかったり。

それにジェルネイルは手入れがすごく楽。

ジェルネイルをしてもらうと、ひと月くらいそのままにしている
ことも珍しくなく、爪が伸びて根元が出てくること以外は、
何も気にしないもの。

爪が伸びてくるとネイルが浮いたようになってしまうし、
見た目も悪くなりますね。

グリーンネイルの体験談、爪にカビが生えた?

ジェルネイルを放置して大変なことになった女性の体験談を
ご紹介します。

ジェルネイル自体が剥がれるとか欠けることもなかったら、
ひと月くらいはそのままにしていても問題ないと思いがち。

それを半年ほど続けていたある日、いつものようにネイルサロンへ行き
ネイルをオフしてもらったところ、爪が黄緑色に変色していたんですね・・・。
正確には薄い緑色なんですが、食べ物に生えるカビの色そっくりでした。

全てのジェルネイルをオフしたところ緑色に変色している爪が3つ。
まさにグリーンネイル。

残りの爪は健康なピンク色でした。

その爪を見たネイリストが、しばらくジェルネイルは
お休みした方がいいと言い、
その日ネイルをオフした状態で店を出ました。

病院で診察、「爪の中にカビが生えている」

後日どうしても爪の状態が気になったので、
病院で診てもらったところ「爪の中にカビが生えている」とのこと。

頭の中に「?」がたくさん浮かびましたよ。
医者はグリーンネイルとは言わなかったものの、
「ジェルネイルを長く続けている人に多い症状」と教えてくれました。
私にとっては、ズバリその通り指摘された格好。

ジェルネイルが少しハゲたり欠けた状態になると、
そこから水が入りカビの原因になるんだとか。

たしかに、ひと月もジェルネイルを新しくしないまま放置することを
繰り返していていたのだからこればかりは仕方がないと思いましたね・・・。

爪が生えてくればどうしたって施したジェルネイルと爪の間に
隙間ができてしまいます。

その隙間から手を洗ったり入浴したときに水が入るのは無理がないこと。

グリーンネイルにびっくり

爪にカビが生えるなんて初耳だったからビックリしましたが、
先生の説明を聞いて納得しました。

グリーンネイルと呼ぶことも知らなかった。

それから私はジェルネイルをしていません。

爪を大切にしたくなり爪に負担がかかることや、
カビが生えるようなことは避けています。

ネイルはときどきしますが自分でセルフネイルしているし、
長く放置もしないので、オフしても爪の色は健康そのもの。

爪の健康とグリーンネイル

ちなみに爪に生えたカビ、グリーンネイルが完全に
なくなるまで3か月ほどかかりました。

カビが生えたところは爪が伸び、そこをカットしなければ
どうにもならなかったのです。

オシャレより爪の健康が大事だと痛感しています。

もうグリーンネイルにはなりたくありません。

関連記事

グリーンネイルの原因である緑膿菌は、
爪水虫(爪白癬)の原因である白癬菌と同じ真菌。
グリーンネイル治療に用いられている市販薬の記事はこちら。
爪水虫の症状はケイ素で治療できるか?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ