爪ヒビ割れ補修にケイ素は効果あるか

爪がヒビ割れたときの補修方法、およびケイ素の効能効果で
爪を改善できるかについて。

爪がヒビ割れる原因

爪は何故、ひび割れてしまうのでしょうか。

原因としては単純に物理的な接触や圧力。
日常生活や職業柄、負荷をかけていませんか?
重い荷物を運ぶ、スポーツでの練習、など。
ドアや窓などで指先を挟んだのかもしれません。

爪の伸ばし過ぎ。
あまりに長い爪ほど割れやすくなるのは言うまでもありません。
爪を切るときも丁寧に行いましょう。
荒っぽく爪切りを使ったり、無理な角度、深爪になるほど差し込むのは、
爪が割れてしまう可能性があります。
爪を噛むクセはもちろん禁止。

乾燥によって爪が割れやすくなります。
冬場など季節的な要因もありますが、エアコンも注意。
何らかの風があたる場所、湿度の低い空間にはなるべく行かない。

栄養不足になりますと、爪がモロく弱くなりがち。
爪はケラチンというタンパク質でできていますので、良質なたんぱく質
たっぷり取りましょう。
その代謝に必要なのはビタミン。
ミネラルでは亜鉛ケイ素
爪をよくするコラーゲンを促進するのにケイ素が必要なのです。

お使いのマニキュア、台所洗剤、ベースコート、ジェルネイルなどの成分が
粗悪で爪を傷めている可能性も疑う。
しばらく止めてみて改善するのであれば、それが原因だったのだと判明します。

意外なところではストレスも間接的な要因になりかねません。

爪ヒビ割れ補修

爪のヒビ割れを補修する方法。

乾燥についてはハンドクリームなどを塗るようにするだけで違います。
爪専用の塗る溶液剤ですと、なおよい。

ヒビ割れをみつけてしまったら、絆創膏やテープで爪を覆うというも救済策。

トップコートを爪に塗って、ティッシュなど軽い紙を乗せてから
再度トップコートを塗れば、補強になります。

接着剤をつける人もいますが、つけ爪をつけるネイルグルーを活用するほうが
自然であります。
こういった爪関係のグッズは100円ショップでも売っています。

ケイ素で爪の補修

ケイ素の効能効果としてコラーゲンの結束、抗酸化作用などが挙げられています。

浸透性にも優れていますので、水溶性ケイ素水など、ケイ素を直接爪に塗るのも
悪くはありません。

コラーゲンを補給するようにした人々のお肌、髪の毛、そして爪がよくなるというのは
知られており、そのコラーゲンを結束させるケイ素ですから、結果として
爪が強く厚くなることに期待するのはよい。

しかし既にヒビ割れてしまった爪を修復することは残念ながらできません、無理。
ケイ素で爪の補修をするのはあまり意味がない。

それよりも日常的に水溶性ケイ素水を飲むようにし、濃縮ケイ素水を薄めて
爪に塗るなどしていくほうが、爪の補強、今後のヒビ割れ予防策につながるでしょう。

割れやすい爪の対策と補強にシリカ水がおすすめな5つの理由

関連記事

爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
割れた爪の治し方としてケイ素は効果あるか
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪がボコボコ・でこぼこ、原因と治し方。ケイ素シリカ水で改善できるか
爪のお手入れ、初心者がすべき爪ケアは何?
爪を強くする塗り薬は効果ある?
爪が伸びるのが早い人と爪が伸びるスピード
爪硬くする方法は?ケイ素と爪の固さの関係
爪の強度を上げる栄養としてのケイ素、シリカ水
美ウォーターで爪を強く厚くしよう。シリカ水でケイ素補給

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ