爪の病気は何科に受診しに行けばよい?病院とクリニック選び

爪の病気は何科を受診しに行けばよいのでしょうか。

爪に関しての病院、クリニック選びについて。

爪の病気は皮膚科へ

爪は皮膚細胞が角質化して固くなり、体の外へ出てきたものですから元はといえば皮膚です。

体としては皮膚と同じように扱えば良いのであり、
爪に異常が見られた場合は病院やクリニックの皮膚科へ診察を受けに行くのが正しい。

手荒れ、水虫、ニキビ、吹き出物など皮膚や肌のトラブルで皮膚科へ行くことをイメージすると思いますが、それと同じだとお考え下さい。

二枚爪、爪甲剥離症の治療は外科・整形外科・形成外科

外科、整形外科、形成外科などの病院では、巻き爪、陥入爪、二枚爪、爪甲剥離症などを診察治療する。
大きく捉えて爪の切断や変形矯正などを用いる治療法、外科的処置をすることが中心になります。

爪甲剥離症を市販薬で改善、薬を使った治し方

爪白癬や水虫菌の細菌感染は皮膚科

爪白癬や水虫菌、グリーンネイル(緑膿菌)など、何らかの細菌感染が疑われる場合には、
専用の抗生物質を用いた薬での細菌治療が必要になりますので皮膚科の方が向いている。

グリーンネイル。ジェルネイルで爪にカビが生えた?驚いた体験談

陥入爪・巻き爪は外科や皮膚科、あるいは専門クリニック

陥入爪・巻き爪に関して病院へ行くのなら、外科・形成外科もしくは皮膚科を受診する。

ただ、巻き爪および陥入爪に関しては、巻き爪だけを治療する巻き爪専門クリニックという施設もあります。
医師が行っている場合もありますが、それ以外の専門分野の方が病院というよりも美容整形のように処置していくクリニックなど。
巻き爪や陥入爪に関してだけ専門的に研究しており、最新の治療法や特殊な器具などで、
病院ではできないような巻き爪矯正をしてもらえる傾向も見られますので、完治できれば悪いことではありません。

巻き爪ロボとは巻き爪の矯正器具、自作方法はある?

内科で爪の治療は可能か


爪に異常が見られ、同時に体調も良くないという場合は内科へ診察を受けに行き、
爪の問題も相談して構いませんが、爪の処置や治療が行われるかはわかりません。

そのクリニックの医師や看護師の判断で、応急処置が行われる可能性はありますが、
簡単なアドバイスで終わってしまうかもしれません。

なぜなら内科で爪の分野は厳密には専門外だからです。
爪の症状に関しては、内科の先生から皮膚科を紹介されるかもしれません。

関節痛・突き指など指の痛みや治療は外科


爪の問題は、その指先の痛みから関節痛・突き指などと混同しやすい。

指の関節痛であれば整形外科、それが無理なら内科を受診する。
突き指など指自体に何らかの問題がある場合も外科へ。

爪の病気は皮膚科を受診しに行けばよい


爪のことで病院へ行くならば皮膚科を受診することが一般的。

爪の病気、爪の異常、爪に関する問題が発生したときに、
二枚爪、爪甲剥離症、巻き爪、陥入爪、スプーンネイル、
爪白癬、水虫菌、グリーンネイル、
その爪の異常や症状がどのような病名なのかわからなくても医師ではないのですから当然です。
何の症状であれまずは皮膚科へ行けば間違いないということになります。

それで外科での治療が適切であれば、皮膚科の先生から整形外科を提案されますので、その案内に従えばよい。

爪は健康のバロメーターと言われるほど身体全体の健康状態を表していることがあります。
爪の色がおかしかったり形が変形していたり、ただそれだけでも、それが内臓疾患や重篤な病気を示していることも否定できない。
気が付いたら、早めに皮膚科を訪れることをおすすめします。

関連記事

痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
陥入爪は何科の病院に通うべきなのか
ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方
シリカ水で二枚爪は治る?爪甲剥離症とケイ素
爪で健康チェック。爪で健康がわかる?
鉄分不足が爪に表れるから爪で健康チェック┃鉄欠乏症貧血
爪がスプーン状に反り返るスプーンネイル。原因はダイエットでの栄養不足
爪の根元の白い半円部分は爪半月、ハーフムーン
爪半月ハーフムーンが無いのは病気?健康に問題がある?
爪の周りの肉が盛り上がる肉芽腫

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ