陥入爪が巻き爪の原因になるか

陥入爪が巻き爪の原因になるのでしょうか。

陥入爪と巻き爪は間違えやすい症状。
似ていますが爪の病気としては異なります。

陥入爪は爪が指の中で肉に刺さってしまう症状。

巻き爪は爪全体が丸まってくる症状。湾曲爪。
巻き爪でも曲がり過ぎて両端が肉に食い込んでくることはあります、
そうなると陥入爪でもある。

陥入爪や巻き爪は手の指よりも、圧倒的に足の爪で多く発症します。
全体重を支え、運動などで踏ん張り指先に力を入れるなど
圧力がかかるからです。

さらに陥入爪の原因の多くは深爪によるもの。
両端を切りおとすのが最悪で、やがて先端だけが変形して伸びたり、
鋭利になったりして、肉に食い込んでいくのです。
あるいは全体が湾曲して巻き爪になることもある。
つまり陥入爪が巻き爪の原因になる。

陥入爪と巻き爪は併発することが多く、人々の認識や治療上の呼び方と
しても混同している。
陥入爪と湾曲爪の2つを合わせて巻き爪とする考え方もあります。
大差はありません、どちらもどちらの原因になりえますから。

治療や矯正する場合には、両方を完治させねばなりません。
陥入爪だけ治しても、巻き爪だけ治しても再発するリスクからは
免れないのです。

陥入爪が巻き爪の原因にならないようにするには、
足先、爪先に圧力をかけ過ぎない、窮屈な環境に長時間おかないこと。
そうなるとまずは靴が要注意で、足に対して小さいサイズの靴、
ブーツ、ハイヒールがよくありません。
ジャストフィットした運動靴を履いて過ごすのが最もよいと言えますが、
女性ならおしゃれのためにいろいろな靴を履きたい、その気持ちもわかります。
それならば履く機会や頻度を減らす、長時間は避けるなど工夫次第で
爪への圧力も減らすことができますので、巻き爪防止のためにも
意識するようにしましょう。

関連記事

陥入爪と巻き爪は同じようで違う症状、その違いは?
陥入爪の症状とは?治し方と予防法
陥入爪での応急処置コットンパッキングの方法と問題点
陥入爪が痛いときテーピングする方法
陥入爪は何科の病院に通うべきなのか
巻き爪とは?原因と予防法
痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
巻き爪治療、自分で矯正する治し方
巻き爪を予防する爪の切り方
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ