乾燥する時期になると肌荒れだけでなく爪の乾燥も気になりませんか?


乾燥する時期になると、肌荒れだけでなく、爪の状態も気になります。

手、指先を使う職業に就いていたり、お仕事内容で手作業が多いと
すぐに手が荒れてしまうかもしれません。

職場自体、暖房や冷房を常につけている所も多く、空気が乾燥しています。
そんな中で作業をしていると、どんどん手の水分もなくなってしまいがち。

手が荒れていたら要注意。

手のケアはハンドクリームを細目に行い、気を付けていたのですが、
次第に爪が割れやすくなっていることに気づきました、
なんていう人、結構いるのではないでしょうか?

爪の縦線の原因は乾燥?

割れやすいな、と気づいてから爪をじっと観察してみると、
縦に線ができていることに気づきませんか?

爪の縦線は乾燥が原因なのだという説もあるという。

他にも年齢を重ねていくうちに、加齢要因でも縦線が出やすくなる。

爪にもハンドクリームを塗る乾燥予防法

乾燥が原因ならば、潤いを保つことができれば、
綺麗な爪を作ることができるのではないでしょうか。

乾燥を防ぐため、ハンドケアと一緒に爪にもクリームを塗ってあげるのもよい。

ハンドクリームを付ける時は、手早くささっと行うだけで、
細かな部分や指先、特に爪にはきちんと塗れていないでしょう。

爪もみマッサージ

爪の際や爪全体をマッサージすることもきれいなネイルになる近道だと言われています。

軽くマッサージをしてあげると、なんとなく爪の色も良くなってきませんか。

爪もみとして続けてみてください。

ネイルオイルもおすすめ

オイルを使うのはいかがでしょうか。

ネイル用のオイルは結構ドラッグストアなどでも様々な種類が取り扱われています。

手が汚れないようなスティックタイプもあったりするので、
お店でどんなものがあるのかチェックされると良いかと思います。

マニュキュアのようなタイプのオイルもある。
これを爪の際に塗っていきます。

際だけではなく爪と指先の間にも塗る方がよりよい。
爪全体的に塗るというよりは、皮膚との間にオイルを垂らすという感覚でしょうか?

オイルを塗ることでしっかり保湿され、綺麗な爪が生えやすくなったり、
ネイルがはがれにくくなるという効果もある。

まとめ

ハンドケアとネイルオイルを重点的に気を付けるようになっていけば、
やがて爪の色が健康的になってきたように感じられることでしょう。

縦線も少しずつ消えていく。

乾燥は爪を弱くしてしまう大きな原因のひとつ。
常に保湿し、乾燥を防ぐだけでも強い厚い爪を作っていける。

接客業などに限らず、手先の清潔さはとても大切。
爪が荒れているな、と思うと手に自信が持てないはず。

健康的な爪があれば、手や指先に自信もっていけるのは間違いありません。

爪を強くする方法としても実践してみてください。

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ