ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法

ケイ素とコラーゲンの関係から、爪を強く厚くする方法について解説いたします。

コラーゲンとは?

コラーゲンとはタンパク質であり、人間の人体において骨・皮を形成。

美肌にはコラーゲンが必要という話を聞いたことがあると思いますが、
皮膚で言えば表皮の下に位置する真皮にコラーゲンがあります。
肌の弾力を作りだす役割があるので肌をよくするのに
コラーゲンが必要なのです。

骨と言えばカルシウムを真っ先に必要な成分に挙げることが多いと思いますが、
骨も繊維状のコラーゲンにカルシウムがついていくため、コラーゲン無しには
丈夫な骨が形成できません。

コラーゲンの効果と爪の関係

コラーゲンを数か月の間で多めに取り続け摂取を強化すれば、
骨が丈夫になったり、肌のたるみが解消されハリが出ることが考えられる。

実際にコラーゲンを補給した人々においては、髪の毛が太くなり、
爪が強く丈夫になったと実感する人が多い。
爪や髪はケラチンというタンパク質が原料なのですが、
同じたんぱく質ということもあり、アミノ酸合成の過程においては、
爪が強く厚くなっても納得できます。

様々な実験や研究結果においても爪の表面が改善したり、
髪の太さが変化したり、骨密度が上がったり、
関節痛の緩和・治癒、一般的な傷の再生回復があることが認められつつあります。
効果を期待できる何らかの因果関係がコラーゲンにあると言えるでしょう。

コラーゲンのある食べ物

食べ物では鶏の皮、豚足、肉の軟骨や牛スジ肉、スッポン、
フカヒレ、うなぎ、クラゲなどでコラーゲンを取ることができます。
意外なところではゼリー、杏仁豆腐など。

爪のため、健康維持や美容目的でもコラーゲンを積極的に採っておきたい。

普段からコラーゲン不足を感じる方はサプリメントを活用するのもおすすめ。

コラーゲンに熱を加え抽出していくとゼリーの原料でお馴染みゼラチンになり、
ゼラチンをさらに細かくするとコラーゲンペプチドになります。
分子が小さいのでコラーゲンペプチドは吸収効率がよい傾向にあり、
健康食品やサプリメントに用いられています。

栄養バランス

できる限りアミノ酸やビタミンCと合わせて食べることでコラーゲンが
より有効に働きます。

コラーゲンをサプリメントで摂取するのであれば、ビタミンやミネラル、
タンパク質も合わせて取っていくような栄養バランスのよい食事を
疎かにしてはいけません。
いろいろな食べ物を食べたほうがよいと言えます。

なぜなら爪も細胞分裂の結果できたもの。
元は皮膚細胞の一部であって、それが角質化して体外へ出てきたものが爪。
爪の原料はタンパク質のケラチンであり、細胞分裂にはミネラルが必須だからです。

ケイ素とコラーゲンの関係

ケイ素(シリカ)の働きは主に、繊維状のコラーゲンの結合を強め束ねること。

ケイ素が不足すると軟骨と骨のある関節に問題がでてきたり、同時に
コラーゲンの合成や働きが弱くなるため、骨、髪の毛、爪、皮膚など
にも影響がでてくる。

だからこそ爪を強くするためにコラーゲン、そしてケイ素の存在が欠かせません。

爪を強くする

コラーゲンが不足しないよう、結束を強めるためにはケイ素が必要。

これらのことから爪を強くするには、カルシウムを取ればいいと考えがちですが、
コラーゲンとケイ素(シリカ)を摂取しなければなりません。

ケイ素がコラーゲンを促進し、そのコラーゲンが爪をよくするからです。

これらどの成分であれ、栄養摂取を怠ると爪が割れやすい、もろい、弱い
といった状況になりかねませんので注意が必要。

ケイ素で爪が強くなる

ケイ素は必須ミネラルであり人間の体になくてはならない。
人間の体のあらゆる器官や内臓に存在しており爪にも多く含まれている。

ケイ素を摂取することで爪がよくなった、強くなったという意見が出ています。

これは先の通りケイ素がコラーゲンの働きを強めることのみならず、
ケイ素自体に体を正常に保つ恒常化機能、あるいは栄養を運ぶ毛細血管の再生、
抗酸化作用、デトックス作用などといった効果が見込まれることも関係しているでしょう。

つまり爪のためにケイ素を取ることは、コラーゲンとは関係ない部分で、
単独でも有意義で意味のあることだと考えられるのです。

市販のケイ素ドリンクやサプリが爪に効くか

コラーゲンは食べ物で言えば鶏の皮、豚足、スッポンなどが有名ですが、
他にも上記以外の肉や魚、うなぎやエビなどにも含まれておりゼラチンを
原料にしたゼリーなどからも取れる。

一方で、ケイ素は多くの食品に含有されていますが、食材ごとにかなり微量。
毎日しっかり食事を食べていても充分に取れているかは判断が難しいところ。
現代人がケイ素不足を指摘されている事実から考えますと、多くの人が充分な量の
ケイ素を摂取できていない可能性があります。

そのうえ中年や高齢者では、加齢要因からケイ素の体内保有量が減っています。

ケイ素を取りたければ、高濃縮ケイ素水ドリンクやケイ素を溶かし込んだ水である
シリカ水(シリカウォーター)、あるいはサプリメントなども市販されていますので、
これらで補給することで爪も強くなって厚くなることが期待できます。
コラーゲンに合わせて採るようにしましょう。

関連記事

爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
爪を丈夫にする食べ物は?タンパク質とコラーゲン
薄い爪を厚くする方法ならケイ素で体内から保護ケアするのがよい
爪を厚くする方法とケイ素の活用
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ