ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか

ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのでしょうか。

ケイ素の効果効能と人間の体

ケイ素は内臓、血管、皮膚、髪、歯、そして爪など人間の体内体外
あらゆる器官に存在しています。

抗酸化作用、デトックス老廃物の排出、アンチエイジング、
正常な状態を保つ恒常化、血管をやわらかくする、殺菌滅菌など、
ケイ素の効果効能はたくさんあります。

人体にとってケイ素は必須ミネラルであり、生命維持になくてはならない成分。
ケイ素が不足すれば爪の状態悪化だけでなく、健康を損ない、
しいては生命の存続にも関係してくる。

ケイ素の摂取

ケイ素というものは地球上にとても多く存在する構成要素で、
酸素についで多いとされる。
自然の中では二酸化ケイ素、シリカという形で存在しています。

人間にとって必須ミネラルでありながら、体内合成できませんので、
食べ物に含まれたケイ素を取り入れている。

そこでサプリメントなどでケイ素を摂取強化した人の多くは、
髪が太くなった、爪が強く丈夫になったことに気づきますが、
骨も強くなり、内臓の状態もよくなっているのです。

ケイ素が不足すると?

ケイ素が不足すると健康に問題が生じてきます。

体調が悪いといった漠然とした不調も感じるはずですが、
目に見えて現れるのは、髪が細く弱くなったり、爪が薄くなったり、
割れやすくなったり、モロく割れることが多くなったりといったこと。

爪は健康に関係している

爪というものは体内の細胞が角質化して体外に露出し生えてきたもの。
このことから体内の健康状態が悪ければ、爪の状態も悪くなる
ということがわかります。

あるいは弱い爪、モロい爪、割れやすい爪になってしまう。
色が紫色だったり、黒い縦線が入っている、形が波打って、
でこぼこ形状の場合もよくありません。

ケイ素不足による爪の症状

ケイ素が不足すれば爪が割れやすくなったり、実際に割れたり、
薄くなったりする可能性があります。
爪そのものにケイ素が多く含有されていますし、爪の状態を改善する
コラーゲンの結束にケイ素が必要だからです。

爪自体には痛みがないのであまり重要視しないでしょうし、
カルシウム不足かな?などと安易に考えてやり過ごす人が
少なくないでしょう。

手や指が乾燥する環境にあったり、何らかの手作業で手指を酷使したり、
窮屈な靴を履いたり手袋をしたりと、割れやすくなっている別の理由が
あるならば、原因は違うところにあるわけですが、特に思い当たることも
ないのに爪が割れやすいならケイ素不足を意識する、要注意。

ケイ素サプリとケイ素ドリンク

現代人はケイ素不足が指摘されています。

食事の栄養バランスが偏っていることも関係していますし、
そもそもケイ素は食品ごとに含有されている量があまりにも微量。

そうでなくとも加齢によってケイ素の代謝は落ちていき、
同じ食べ物を食べても体内での吸収率が下がるうえ、
失われていきやすくなるという事実。

こういったことから、中年老齢になりますと、体内にケイ素
を保有するのが難しくなってきます。

そこで市販のケイ素ドリンクやサプリメントの活用がおすすめ。

手軽に積極的にシリカを補給していけばケイ素不足が解消されていきます。
健康にももちろんよいですが、体調もよくなり、爪が強く丈夫になり
割れにくくなることが期待できます。

関連記事

爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ストレスでケイ素不足になり爪が弱くモロくなる?
ケイ素不足が冷え性の原因になる?爪の色や状態は?
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
ストレスでケイ素不足になり爪が弱くモロくなる?
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪を厚くする方法とケイ素の活用

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ