ケイ素の効果効能と爪の関係は?

ケイ素にはどのような効果効能があるのでしょうか。

それらの効能は爪とどのような関係があるのか。

シリカ=ケイ素

ケイ素は珪素、シリコンとも表記され、元素記号はSiの鉱物。

シリカとは二酸化ケイ素のことであり、ケイ素は
自然界の中ではシリカとして存在しています。
よって通常ケイ素と言えばシリカのことを意味しています。

地球上の多くの物質に含有されており、岩石、土壌、
水、砂、植物などあらゆるものにケイ素は存在する構成要素。

人間の体でも必須ミネラルとして爪、皮膚(肌)、髪、
歯、骨、関節、内臓から細胞レベルにまで存在。
全身の隅々にまでケイ素があるわけです。

主にコラーゲンを束ねる役割がありますので、関節の働きを
よくするとされています。

ケイ素の効果

ケイ素は人工的には半導体の作成に使われますが、
化粧品にも用いられたり、美容サロンの美容液などにも
使われています。

これはシリカ(=ケイ素)がコラーゲンの働きを促進する
関係から肌のたるみやシワがよくなる、あるいは
アンチエイジングの効果が期待できるということにも
由来しているのです。

さらにケイ素には抗酸化作用、老廃物を排出するデトックス、
殺菌や滅菌の効果もみこまれていますから美容や健康によくない
はずがありません。
化粧品やエステサロンなどで活用されているのはこのため。

ケイ素の効能

ケイ素を食べ物、ドリンク、サプリメントなどで積極的に
補給するようになった人々は、まず髪、爪が丈夫になった、
お肌がよくなった、と感じる人が多いようです。

もちろん髪が太くなる、歯が堅くなる、内臓の調子がよくなる、
骨密度が上がっているなど、体内体外で様々な変化が
起きているはずですが、自分自身で見てわかりやすい
体の変化が皮膚と爪なので早い段階で自覚できる。

これは前述のアンチエイジング効果や、ケイ素が体を正常に保つ効能、
恒常化を持っていることやコラーゲンの働きを促す効能に関係している
と言えます。

ケイ素の効果効能と爪の関係

ケイ素が不足すれば、コラーゲンを束ねる力が弱まり、
爪が弱くなってしまう。

爪を丈夫にするにはコラーゲンを結束するようにし、
体内年齢をアンチエイジングすることが有効だと考えられます。

こういった作用は前述の説明の通り、ケイ素の効果効能に合致。

つまりシリカ(=ケイ素)を多く取ることで爪が丈夫に強く
厚くなることにつながる。

市販のケイ素サプリメントで補給

ケイ素は体内合成できないため、食べ物から摂取しているのですが、
その代謝量も歳とともに減っていきます。
若いときの食生活と同じようにしていても、体の中に残るケイ素の量は
少なくなっていく。

加齢から段々と爪がモロく割れやすくなってくるのは老化現象でも
ありますが、もしかするとケイ素不足の可能性もありえます。

市販のケイ素サプリメントやケイ素ドリンクで補給するようにすれば、
ケイ素の効果効能で爪を強くすることが期待できるのです。

関連記事

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪を厚くする方法とケイ素の活用
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
爪の黒い縦線は病気?ケイ素不足?
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ