ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう

ケイ素のサプリメントで爪を丈夫にしませんか。

爪が割れる

爪が割れるというお悩みも少なくありません。
女性は爪が長い方が多く割れやすいとも言えますが、
男性でも割れやすい方は割れます。

単純に外部から圧力をかけるような動作、例えば重い荷物を運ぶ、
手仕事が多い、あるいは小さい靴を無理に履いている足の爪や、
手袋などで圧迫した場合には爪が割れることがあります。

こういった物理的な外部からの圧迫要因が思い当たらないのでしたら、
老化現象で爪が弱くなったのかもしれませんし、毎日の食生活など
栄養の偏りでタンパク質やビタミンの不足の可能性。

あるいは台所洗剤や除光液、何かの薬剤で爪が溶けてモロくなっている
こともある。

爪を丈夫にしたい

爪を丈夫にしたいのなら、爪が割れないようにすればよい。

荷物を運んだり手作業の仕事を止めるか、続けるなら爪は深めに切っておく。
爪自体が短ければ先端だけは割れにくいのですから。
外部から圧迫しないよう気を付ける、割れない長さに短く保つ。

爪が溶けそうな薬剤を使っている心当たりがあるなら、使うのを
控えるか止める。
女性が使う除光液は盲点ですがマニキュア自体もよくないという説が
ありますので、しばらく使い止めて爪が丈夫になったと思えるなら、
今後の継続使用は考え直しましょう。

毎日の食生活は重要です。
爪はケラチンというタンパク質で構成されています、良質なタンパク質を
取るようにしてください、肉や魚、卵や牛乳など。

タンパク合成や代謝のためにビタミンBが、爪は皮膚の延長ですのでビタミンAが、
アンチエイジングにビタミンDが有効。
肉や魚にも含まれますが緑黄色野菜を取るようにしたい。
サプリでも構いません。

ケイ素とは

ケイ素とは、地球上のあらゆる物質に存在する鉱物であり、
二酸化ケイ素はシリカと呼ばれます。

人体にも内臓や血管、皮膚などあらゆる器官にある。
爪にも含まれています。

必須ミネラルであり生命維持に必要不可欠。

コラーゲンの結束を強める働きが代表的な効果であり、
骨や軟骨、皮膚を強くする。

ケイ素不足

ケイ素が不足しますと、体調も悪くなっていきますが、
必須ミネラルだけに人体から枯渇したら生命維持が危うい、生きていけません。

まずは髪の毛や爪がモロく弱くなっていくでしょうし、
体内では骨密度が下がり骨が弱くなっているはず。
内蔵や皮膚にもやがて問題が発生してくる。

ケイ素を含む食べ物

ケイ素は人間で体内合成できず、食べ物から摂取しています。

ケイ素を含む食べ物は、ジャガイモ、麦類、とうもろこし、等。
ワカメや海苔など魚介類もよい。

ケイ素自体が多くの物質に含まれていることからもわかる通り、
果物、乳製品、飲み物、うどん、白米など、ほとんどの食品に
含まれています。

ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう

食べ物から摂取しているケイ素ですが、一部の食材を除き、
各食材に含まれるケイ素の量は微量でとても少ない。

そして中年以降で加齢していきますと、ケイ素の代謝吸収の効率が下がっていく。
40代以上は食生活や生活習慣が同じでも体内においては、ケイ素不足に
なってしまいがちなのです。

そこで市販のケイ素サプリメントをおすすめします。
このケイ素(=シリカ)についてはサプリ錠剤だけでなく水溶性でドリンクに
なっているものもありますので、日常的に取るようにすれば、爪が強く丈夫になっていく
ことが期待できます。

関連記事

爪を強くするサプリメントならシリカがおすすめ
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪を厚くする方法とケイ素の活用
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ