巻き爪治療、自分で矯正する治し方

巻き爪治療を自分で矯正する治し方について。

巻き爪は巻き爪専門クリニック、皮膚科、外科、
整形外科、形成外科などの病院で治療してもらえますが、
セルフで治療、矯正していく治し方もあります。

まず巻き爪とは何かについて。
陥入爪と間違えられやすいですが、実際にも併発している事例が
多いですので、両方同時に矯正していけばよい。
巻き爪は爪全体が湾曲して湾曲爪とも言われますが、
陥入爪は爪の特に両端が鋭利になって指の肉に突き刺さった症状。
チクチクと痛かったり、赤く腫れたり、膿が出ることもあります。
手の爪でなることは少なく、圧倒的に足の爪で発症します。

巻き爪治療を自分でする治し方は以下のようなものがあります。

巻き爪にコットンパッキングの治し方。
痛い患部、爪と指の間にコットン、綿を詰める。
爪が直接肉に触れないので痛みを緩和します。

巻き爪にテーピングの治し方。
爪の側面近く指の周りにスポーツで関節などを固定保護するテープを貼り、
外側に引っ張りながら指周りを1周回して貼る。
これで指の中で爪が肉から少しでも離れるようにすれば、痛みが緩和される。

しかしこれらはあくまで対症療法であり矯正はできません。
自分で矯正していくなら市販の巻き爪の矯正器具を使う。

予防法にも関係してきますが、巻き爪対処の注意点。

足や爪を洗って清潔に保ちましょう。
悪化進行した巻き爪では膿が出ることもありますので、まめに拭いたり、洗うこと。

小さいサイズの靴、窮屈なブーツ、爪先に圧力がかかるハイヒールなど、
爪に負担や圧力がかからない靴を選びたい。

最重要事項は深爪。
爪の先端であるフリーエッジは白い所を全て切る人が多いですが、
最低でも数ミリは残すのが正しい爪の切り方。
足の爪に関しては、指が隠れるくらいに伸ばすのがよい。
そして切り方は水平、形がスクエアになるように整える。
最悪なのは両端まで切り落としてしまうこと爪のサイドは絶対に切らないように。

そもそも爪切りを使わないという方法をご提案します。
やすりで削り長さや形を整えるだけでよいのです。
深爪防止、そして巻き爪防止に効果が見込めるでしょう。

関連記事

巻き爪とは?原因と予防法
痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
巻き爪ロボとは巻き爪の矯正器具、自作方法はある?
巻き爪を予防する爪の切り方
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意
手の爪も巻き爪になる?足の爪だけの病気?
爪の親指の腫れは巻き爪になってるから?
巻き爪と爪切りの関係は?巻き爪用の爪切りってある?
陥入爪と巻き爪は同じようで違う症状、その違いは?
陥入爪が巻き爪の原因になるか
爪白癬が巻き爪の原因になるか

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ