巻き爪を予防する爪の切り方

巻き爪を予防する爪の切り方について。

巻き爪になるのは足の爪であることが多い。
なぜなら全体重が足、さらに指先にかかっており、踏ん張ったり、
歩いたり、運動をすることでさらに圧力がかかっているからです。

このことから足の爪は手の爪よりも長くしておく必要があります。

爪の正しい切り方ですが、爪の先端にあるフリーエッジという
白い部分を切り落とす人が多い。
しかしこれは間違った認識。白い部分は数ミリ残しておくべきなのです。
フリーエッジを切り落としたら深爪。

手の爪でもそうです、足の爪はさらに長くしたい。
足の指が隠れるくらいの長さが目安。

爪を切る角度は水平に。
形がスクエア、四角形になるようにします。これがポイント。

巻き爪を予防する爪の切り方とも言えるのですが、
長め、水平に切りスクエアにするのですから、両端を切り落としてはいません。

深爪する人に多いのですが、爪の両端を切り落とすのは最悪な爪の切り方であり、
これがまさしく巻き爪、陥入爪の直接的な原因になります。

巻き爪を予防する爪切りのコツとしては爪切りに注意したい。

ネイルケアグッズには爪切りも手の爪用、足の爪用、あるいは大中小の
サイズ違いなどありますが、これを使うよりは巻き爪専用爪切りのほうがよい。

しかし爪切りというのは、ついバッサリ切ってしまう。
それで深爪にしてしまいがち。

爪切りを使わないようにする。
実は本格的なネイルケアではこれが基本です。

ネイルケアグッズのセットにもありますが、やすりの活用。
爪専用やすりもあります。

爪を長めにして形を整えるのでしたら、やすりだけで実現できる、爪切りは不要。

巻き爪を予防するためには、爪切りで深爪しないで長め、
水平に切る、合わせて、やすりを導入することをおすすめします。

関連記事

巻き爪と爪切りの関係は?巻き爪用の爪切りってある?
爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
爪の形の種類、切り方や整え方で綺麗で健康な爪へ
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意
巻き爪とは?原因と予防法
痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
巻き爪治療、自分で矯正する治し方
巻き爪ロボとは巻き爪の矯正器具、自作方法はある?
陥入爪が巻き爪の原因になるか
爪白癬が巻き爪の原因になるか

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ