巻き爪と爪切りの関係は?巻き爪用の爪切りってある?

巻き爪と爪切りは関係あります。
厳密には爪の切り方と関係してくる。

巻き爪になるのは足の爪がほとんど。
窮屈で小さいサイズの靴を履いていたり、足に必要以上の圧力が
かかったからです。
そうでなくても足の爪は手の爪と違って全体重を支えており、
健康で正常な人でも圧力がかかっています。

足の爪は長く長めに切らなくてはいけません、短く切ってはだめ。
爪が湾曲してしまう巻き爪や、指の肉に食い込んで痛い陥入爪は
深爪を発端として発生してしまう。

爪の長さは指が隠れるくらい。
多くの人は爪の先端であるフリーエッジという白い部分を
完全に切り落とすことが爪切りだと考えますが、それは間違い。
爪の先端フリーエッジは数ミリ程度残すのがよい。
そしてそれより長いほうが好ましく、やはり指が隠れるくらいの長さへ。

切る角度は水平に。
形がスクエア、四角になるようにする。

深爪の人がよくやるのは両端を切り落としてしまうこと。
これが最も巻き爪や陥入爪を引き起こす元になる。

巻き爪用の爪切りは市販されています。
ニッパー的な形状のもの。
もちろんこれをお買い求めになって使うのもよいでしょう。

しかし巻き爪は予防できます。
前述のように長くスクエアに切る。現在が深爪なら伸ばしてください。

そこで最もよいのが、やすり。
大抵のネイルケアグッズには含まれていますし、爪専用やすりがあります。

爪を大事にするのなら、爪切りで爪を切るよりも、やすりで削ることをご提案します。
長さ、形を整え、深爪予防にもなるのでとてもよい。

もし現在、既に巻き爪なのであれば、巻き爪専門クリニック、皮膚科、外科などで
治療を受けるか、市販の巻き爪矯正グッズで改善してから、ネイルケアしていきましょう。

関連記事

巻き爪とは?原因と予防法
痛い巻き爪の治し方と治療法。病院に行く?
巻き爪治療、自分で矯正する治し方
巻き爪を予防する爪の切り方
爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意
手の爪も巻き爪になる?足の爪だけの病気?
陥入爪と巻き爪は同じようで違う症状、その違いは?
陥入爪が巻き爪の原因になるか
爪テーピングの巻き方。巻き爪や陥入爪にも有効

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ