忙しくても毎日ネイルをキレイに保つ3つのコツ


ネイルって体のなかの小さなパーツ、爪ではありますが、人の第一印象を左右します。

どんなに洋服やバックがオシャレでもネイルや手がきちんとお手入れされていないと、
生活に余裕がないのかなとか細かいところには無頓着な人なのかなと思ってしまいます。

ネイル禁止の職場など人柄が現れるのがネイル

女性の場合ネイルってその人自身について知る一つのポイントになります。

例えば医療関係者や美容師さん、飲食関係にお勤めの方は爪を伸ばすことや
ネイルカラーの使用が職業上できないということもあります。

趣味でピアノなど楽器を習っている方、また武道をされている方も爪を長くはできません。

子育ての最中であったり生活に追われていたりして時間のない人は
ネイルのお手入れをする余裕がないことも多い傾向にある。

美容師さん曰く、お客様のなかにはヘアスタイルについて
具体的にこんな風にして下さいという要望を言わない女性もいて、そんな時は
服装に加えネイルを見てその人の普段の生活スタイルや好みをある程度予想するのだそう。
こんなふうにネイルって自分で思っているより人から注目されている部分で、
その人自身や人柄を表すパーツでもあるのです。

ネイルケアを楽にする3つのコツ

仕事中はさておき、やはりネイルは毎日キレイに保っておきたい方は多いはずです。
でもお手入れが苦行になっては楽しくありません。

そこで実践できるネイルケアを楽にする3つのコツをご紹介します。

速乾タイプのトップコートの使用

シャンティの「ジェルトップコートクイックドライ」。
とにかく乾燥が速いのでさっさと仕上げたい方には是非おススメです。

ドラッグストアで購入すると価格700円くらいでお手頃なところも魅力。
本当にあっという間に乾いちゃいます!

”ながら作業”にする

テレビを見ながら、あるいはラジオを聴きながらネイルケアなど、
ながら作業としてネイルケアすればよい。

好きなドラマや映画を観ながら、あるいは趣味をしながらネイルケアをすると
嫌にならず、快適な時間として過ごせます。

うまくいけば毎日の習慣にもできそうですよね。

ブログやSNSにネイルの写真をアップ

洋服のコーデと一緒で、人に見てもらうことでモチベーションが上がり、
ラメやネイルシールを使用したりフレンチにしたりちょっと凝ったデザインにも挑戦したくなります。

ブログあるいは、インスタグラム、Twitter、Facebook投稿など、
SNSにアップしてみてはいいかがでしょうか。

多くの「いいね」がもらえるかもしれません。

ネイルカラーが剥がれにくいようキープする意識を

頻繁にネイルケアをしなくて済むよう、ネイルカラーが剥がれにくいよう
食器洗いやお風呂の掃除など水を使う家事をする際はゴム製の手袋を使用。
キープすつるように努力する、その意識が大事。

また爪も手そのものも乾燥させないよう、手を洗った後は必ずハンドクリームで保湿。

忙しい生活をしていてネイルケアに時間はあまりかけられないのは誰でも同じ。

ちょっとした工夫で、楽しみながら楽にネイルケアできるようにしていくことで、
指先をいつもキレイに保てるようになるでしょう。

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ