ネイルチップとスカルプチュアとの違いは、付け爪か否か

ネイルチップとスカルプチュアの違いとは何でしょうか。

ネイルチップとは付け爪のことであり、素材としては合成樹脂、木製、金属製、
様々な種類がある。
主にカラーリングやデザインが施されており、単純に爪に貼り付けるといったことで完成。

市販もされていますので、ダイソーなど100均やネット通販でも入手可能。
接着剤や両面テープで自爪に貼り付ければ、素人でも簡単に完成する。
また、透明なネイルチップもありますので、爪に貼り付ける前もしくは
爪に貼り付けた後でデザインして行くことも可能。

スカルプチュアとはアクリル樹脂などを使った人工爪のこと。
種類としてはアクリルスカルプチュアとジェルネイルの2種類があります。
特徴としては自爪の上でデザインし作り上げていく。
ネイルサロンでプロのネイリストに作ってもらうことができます。

セルフネイルとして自分でスカルプチュアをしていくことも不可能ではありませんが、
本人の腕前や器用さ、デザインセンス、色彩感覚などが相当に影響していきます。
この意味で言えばネイルチップであれば、好きなデザインのものを選んで、
自爪に貼り付けるだけですのでほぼ確実にそして簡単にネイルアートとしての外観を
完成させることが可能です。
自分で作って希望のデザインにしたいとしても透明のネイルチップを買って、
作り上げてから自爪に貼るほうがジェルネイルを自爪上で行うよりはるかに簡単
なのは言うまでもありません。

ネイルチップとスカルプチュアの最大の違いは、自爪に貼り付けるだけなのか、
自爪の上で直接デザインするのかにあると言えます。

関連記事

アクリルスカルプチュアとジェルネイルとの違い┃自爪ネイル
爪ケアは自宅でする?ネイルサロンで?
爪のお手入れ、初心者がすべき爪ケアは何?
爪ケアは100均のネイルグッズでもお手入れできる
爪のキューティクルケアとは甘皮処理
爪ケアとしての甘皮処理と甘皮のお手入れ
マニキュアを爪に塗る、ネイルサロンとセルフネイルの違い
長い爪はネイルアートでよくても引っ掻くので危ない
爪の形の種類、切り方や整え方で綺麗で健康な爪へ
手と爪を綺麗にしよう、女性だけでなく男性も

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ