ネイルケアセットの種類と使い方

ネイルケアセットの種類にはどのような内容物があるのでしょう。

爪切り、足用爪切り、やすり、甘皮切り(メタルプッシャー、
キューティクルニッパー)、はさみ、ニッパー、毛抜きなど。
爪切り自体に大中小といったサイズ違いの2種類、3種類が同梱されている
こともあります。

いろいろな道具があるけれど、どれを使うか、どれから使ってよいか
わかりにくいもの。

ここで爪ケア、爪の整え方について考えてみましょう。

伸びすぎた爪を切ればよいや、ではなくて、まずは甘皮の処理。
そして爪本体を整えていく。

キューティクルリムーバーを塗ってから、あるいは
メタルプッシャーで押上げ、キューティクルニッパーで切る。
しかしこれ、わざわざ道具がなくても、ぬるま湯でふやかしてから、
コットンなどで押してやれば処理できます。
甘皮部分は指と爪の間に雑菌が入らないようにする役割もありますので、
無理に取り除く必要はありません。

そして爪切りですが、爪の先端フリーエッジの白いところを全て
切り落とすのが爪切りだと考えている人が多い。
この切り方、実は間違いであって、白いところを数ミリ程度残して切るのが正しい。
さらに言いますと、もっと長く伸ばしておくのがよい。
特に足の爪は指が隠れるくらいに長くしておくことで、巻き爪や陥入爪
を予防する意味もあります。
両端を切り落としてしまうのは最悪なので絶対にしないでください。

そして爪切りは使わないほうがよい、これも意外かもしれません。
やすりを効果的に活用することで、長さも整え、形も整形できます。
切り落とすほど爪をたくさん切ることはないのです。

関連記事

爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
ネイルケア用品でオススメな道具は、やすり
爪のケア用品としてのネイルオイル
爪ケアとしての甘皮処理と甘皮のお手入れ
爪のキューティクルケアとは甘皮処理
爪ケアは100均のネイルグッズでもお手入れできる
男性の爪の手入れ方法は?100均にも道具が売っている
爪ケアは自宅でする?ネイルサロンで?
爪テーピングの巻き方。巻き爪や陥入爪にも有効
手の爪をテーピング保護、巻き方はどうするか
巻き爪とは?原因と予防法。巻き爪と爪切りの関係は?

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ