ネイルサロンが苦手ならセルフでネイルケアしよう


ネイルサロンが苦手ならセルフでネイルケアする方法もあります。

ネイルサロンが苦手ならセルフでネイルケア

ネイルサロンが少し苦手という女性はいらっしゃいますか?

ネイリストの人たちは皆さんとても丁寧で、仕上がりも
やはりプロは違うと思わず唸ってしまうほど。

そしてネイルケアをしてもらっている間の空気感が、
どうしても苦手。

自分なりのネイルケアをセルフで行ってはいかがでしょうか。

効果的なネイルケアの方法をご紹介したいと思います。

爪切りは使わない

爪が伸びてくると、どうしても切らなければいけなくなります。

爪が硬くなっているときに爪切りを使うと、爪にヒビが入って
しまう危険があるのをご存知でしょうか。

爪が伸びてきたらヤスリで削り、爪の長さを整える。

この時も、爪を削る時には必ず同じ方向にヤスリを動かす。
そうする事で、爪の表面が出来るだけデコボコしない。

削る前にも、ぬるま湯に指を浸しておくと、
爪が少し柔らかくなって削りやすいです。

甘皮を整えるならお風呂の後

そして、爪と同じくらい気になるのが甘皮。
甘皮は見た目もカッコ悪く、出来れば綺麗にしておきたいもの。

甘皮のケアをするタイミングは、毎晩のお風呂がいい。

お風呂のお湯で温まった爪の周囲はとても柔らかいので、
整えるにはお風呂に入った時が、一番しやすいのです。
無理ならお風呂あがり直後がよいですね。

お風呂で温まった爪の周囲を、ガーゼなどで優しく擦ると、
甘皮は綺麗に取れます。

保湿ケアはしっかりと

爪の形や甘皮を整えたら、次に必要なのは保湿ケア。

爪は乾燥に弱く、乾燥した爪には縦の線が現れ、
触るとほんの少しボコボコしている感じになっている。

これでは若々しい爪とは言えずに、老けた印象さえ与えます。
爪の健康上もよくない。

爪の保湿はさほど難しい事ではありません。
普段使っている保湿効果のあるハンドクリームを、
就寝前に爪と爪の周囲に塗るだけです。

できることなら1日の空き時間にこまめに塗って
継続的に保湿してあげる。
これで、爪もピカピカになりますし、爪の健康も保たれます。

マッサージで爪を守る

そして、大切なのは爪の健康です。

爪はわずかな衝撃ですぐに傷付いたり、さらに悪くなると
二枚爪になってしまったりします。

そこで爪の周囲をマッサージしてはいかがでしょうか。

爪の周囲をマッサージすると、血行が良くなり、
爪が健康になります。
健康になった爪は、自然と艶も良くなりますので、
ふと気が付いたとき、空き時間にでも、マッサージして
おくのがよい。

ネイルケアで強く丈夫で美しい爪に

爪は意外と人の目にさらされる事が多い場所です。

普段からネイルケアをする事で、綺麗で美しい爪を維持する事が
できるようになります。

美容の観点からだけでなく、爪の健康を維持して、
丈夫で強い爪を作るためにもネイルケアはとても重要なのです。

普段から爪が割れる、爪が折れる、二枚爪などでお悩みの方は
積極的なネイルケアをおすすめします。

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ