シリカを定期的に摂取すると爪が強くなるか

シリカを定期的に摂取すると爪が強くなるのでしょうか。

シリカとは二酸化ケイ素

シリカとは二酸化ケイ素のことであり、ケイ素とは元素記号で「Si」、
漢字表記で珪素、シリコンとも呼ばれる。
化学化合物のシリコーンとは異なりますので注意。

ケイ素は地球上に広く存在する成分であり、岩石、土砂などにある
鉱物の構成要素のひとつ。
植物や一部の昆虫類などにも含有されていますが、自然界では
二酸化ケイ素の形態、シリカとして存在しています。

必須ミネラルとしてのシリカ

人間の体にもケイ素、シリカが存在。
必須ミネラルですので、生命維持のためなくてはならない成分。

必須ミネラルというのは亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、
ナトリウムなどが知られています。

体内でシリカは水溶性の形態をしており、岩石土砂の鉱物など
のシリカとは違う。

人体とシリカ

人体にもケイ素、シリカがあります。
内臓、血管、骨、皮膚、爪、歯、髪の毛、細胞壁などに存在。
体中のいたるところにシリカはある。

シリカ自体が人体に生命的、生理学的な存在意義を持つのかについて
研究が進められており、まず骨密度が高くなるという研究結果があり、
その傾向は信ぴょう性があると指摘されています。

シリカとコラーゲンの関係

シリカの効果効能としてコラーゲンの結束を強くし、その働きを促進する
作用が挙げられており、骨密度が高いもしくは上がる件と理論的に合致。

コラーゲンを促するのであれば、爪や髪の毛が丈夫になり、肌がよくなる
ということが言えます。

現にシリカを積極的に取るようになった人々は、髪の毛がよくなった、
爪が強く丈夫になったといった実感を得ることが多い。

シリカを定期的に摂取すると爪が強くなる

シリカは多くの食材に含まれており、我々は無意識にも毎日の食事からシリカを
取っている。

ところが食べ物に含まれるシリカは微量なため、一定量を確保するのが困難。
その上、年齢を重ねるごとに体内での吸収量も下がってきてします。
加齢で髪が貧弱になったり、爪が割れやすくなるのもこういった要因から。

ご説明しました通り、シリカを定期的に摂取するとコラーゲンの働き強めるため、
骨、髪、爪、肌がよくなることが期待できます。

それだけでなくシリカ単独でも抗酸化作用やアンチエイジング、デトックス、
血管の再生、体を正常に保つ作用などがあるとされるので、若々しい体となり、
爪にもよいのは言うまでもありません。

毎日、栄養バランスのよい食事を食べながらも、不足しがちなシリカに関しては、
水溶性シリカドリンクや、シリカのサプリメントで補給してみてはいかがでしょうか。

爪を丈夫に強くするためにも、シリカを定期的に摂取することを
おすすめします。

関連記事

爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
ケラチンと爪とシリカの関係
爪を強くするサプリメントならシリカがおすすめ
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪を厚くする方法とケイ素の活用

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ