ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方

ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方について解説いたします。

爪甲剥離症

爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)とは、
爪甲が爪床から剥がれ離れてしまう症状。

爪が浮いてきて剥がれてくるような状態であり、
先端から発症して根本に向かっていくのが特徴。

見分けるコツとしては爪が白もしくは黄色になってきます。
もしくは爪が浮いたことで、その間に塵やゴミなど異物が
入ってしまって黒っぽくなることも考えられます。

爪甲剥離症の原因

爪甲剥離症の原因

  • 単純に物理的にぶつけたり破壊、破損することで、
    剥がれたり異物が入ったり
  • 感染症(要因のほとんどはカンジダ菌の感染)
  • 薬の副作用
  • 日光から紫外線を受けて変化
  • 皮膚疾患
  • 体のどこかが病気の場合(例:内臓疾患)の影響
  • 先天性の要因

重い荷物を運んだり、指先をよく使う職業の人などは
爪の破損から爪甲剥離症になりやすいので注意が必要。
ただ、破損は肉眼で見えるので把握しやすい。

感染症や薬の副作用、体の病気が爪甲剥離症の原因に
なっている場合には、気付くのが遅れることがあるので
注意が必要。

逆に爪甲剥離症から体の健康問題を見つけるきっかけ
にもなりえますので、軽視しないで爪の状態を常に
気にするように心がけましょう。

爪甲剥離症の治し方

爪甲剥離症の治し方としては、その原因により変わります。

外的要因ならば、テーピングなどで保護しつつ、
その直接的要因となる作業、仕事、スポーツの練習などを避けるようにする。
洗剤やマニキュアが原因なら、しばらく使用停止。

カンジダ菌の感染症状ならば、抗生物質で治療。
医師にお薬を処方してもらいましょう。

紫外線からの悪影響が考えられるならば、手袋をしたり直射日光を避け、様子を見る。

内臓や皮膚疾患など、爪以外の健康問題であればその治療をせねば治りません。

総じて爪が崩れたり剥がれるわけですから、爪が弱くなっています。
逆に普段から爪を強く厚くすることで割れる現象を少しでも抑え
症状を和らげることができるでしょう。

爪甲剥離症の直接的な治療薬や市販薬というものはなく、
原因療法が難しいので、対症療法で何らかの治療を行いながら経過観察、
様子を見ていくというのが治し方になります。

爪自体は再生されますので、同じようなダメージを繰り返さないよう保護しつつ、
同時にネイルケアしていけば、やがて健常な爪に戻ることが期待できます。

ケイ素

ケイ素は人体に含まれており内臓、血管、皮膚、髪、歯、
骨、軟骨、そして爪にも存在。

必須ミネラルでなくてはならない栄養素であり、
二酸化ケイ素はシリカと呼ばれています。

自然においては土砂岩石に含まれる鉱物成分ですが、
非水溶性のため人間が食べても消化吸収はできません。
人体に存在するのは水溶性のケイ素です。

ケイ素の効果効能

ケイ素の効果効能としては抗酸化作用、殺菌滅菌、
アンチエイジング、デトックス、消炎作用、
コラーゲンの結束、体内を正常にしていく恒常化
などが挙げられています。

ケイ素の摂取を強化した人は爪が厚くなった、
髪が太くなったと感じることが多い。
骨密度が上がったという実験結果もあります。

ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方

皮膚科での治療方法としては、治療薬にステロイド剤やビタミンEを使う
ことが多いのですが、ステロイドは炎症を抑える消炎作用、殺菌作用、
ビタミンEは抗酸化作用およびアンチエイジング。

これら成分による作用は、ケイ素の効果でも代用できるようにも思えます。

ケイ素水やサプリメントを使うことで、その抗酸化作用から悪玉活性酸素を除去、
内臓や血管および皮膚の若返りアンチエイジング。

殺菌滅菌で感染症を改善および予防。

また、炎症を抑える消炎作用もケイ素にはあるといわれています。

水溶性ケイ素水と濃縮ケイ素水

ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方としては、
食べ物から摂取しているだけで満足せず、さらにケイ素水などを加えて強化したい。

なぜなら多くの食材にケイ素は含まれていますが、
それぞれ微量ですので、まとまったケイ素量を摂取するのが困難だからです。
しかも年齢が上がるにつれてケイ素の摂取量、体内保有量は減っていってしまいます。
お肌も年齢とともに衰えますが同じ現象。

ケイ素にはサプリメントもありますが、水分で飲むほうが簡単だと思える方は、
吸収効率も合わせてケイ素水を飲むとよろしいでしょう。

シリカ水、シリカウォーターと聞いたことがあるかもしれません。
二酸化ケイ素がシリカですので、シリカ水とはケイ素水のことを意味しています。
飲むだけでケイ素を補給できる。

水溶性ケイ素水ドリンク(シリカウォーター)は市販されており、
水にケイ素が溶かしこんでありますので毎日お飲みください。
ペットボトル詰めになっており外出先へ携帯しても飲みやすい。
シリカが健康や美容によいことから、芸能人やセレブ、モデルやハリウッド女優なども
愛飲していることが最近では知られてきています。

これらケイ素水は料理の際に入れてもよい。
味噌汁、炊飯、煮物、汁物、スープなどなら、
微量なケイ素を全く気にすることなく取れる。

そもそもケイ素は無味無臭ですので、薬のように苦くもなく、
気軽に口に含んで飲める、楽に摂取できますのでご安心ください。

水溶性ケイ素水や濃縮ケイ素水はネット通販で簡単に入手できますので、
爪甲剥離症の治し方としてお試しになってみてはいかがでしょうか。

※市販のケイ素水はこちら
シリカ水(ケイ素水)濃縮ケイ素水の比較おすすめ

塗って治す

爪に関して言いますと、爪や指先の皮膚に直接ケイ素水を塗るのも
効果的だと考えられます。

ケイ素は各種化粧品や美容サロンのローションなどにも混ぜられているのですが、
それはケイ素が浸透性にも優れているから。

各種成分と混ぜ合わせることで、それら成分もナノ化し、
皮膚や血管だけでなく、細胞レベルまで入り込んでいけるようになる。

化粧品やサロンにおける美容成分、保湿成分、有効成分を
体の内部まで確実に届ける役割をケイ素が発揮している。

シリカウォーターを飲むのも健康や爪によいことですが、
合わせてそのシリカ水や高濃度ケイ素水を薄めて爪に塗ることで
ケイ素の効果効能を爪内部、そしてこれから爪になる細胞レベルへ働きかけていける。

体内と体外から合わせて爪甲剥離症の改善を図るのです。

塗るだけ簡単ネイルケア

ケイ素水を毎回薄めて塗るのが面倒だという人もいらっしゃるかもしれません。

それならば栄養浸透液として爪を保護、潤いを保つようにしてくれる
爪の美容液を塗るのも有効なネイルケア。

爪は皮膚が角質化したものですから、お肌に性質が似ており、
やはり水分が減ると裂けやすい、割れやすくなってしまう。

そのネイルケアとしてハンドクリームなどを爪に塗ってもよいのですが、
それだと保護は爪の表面部分だけですね。
ネイルケア専用液のほうが爪の内部まで直接浸透していきますから、
今後生えてくる爪への効果も期待できます。

水分保持や爪の艶出し、保護補強など、様々な効能へ働きかける
各種成分が入っていますので、ハンドクリームとは比べものになりません。

しかも塗るだけ簡単。
朝お出かけ前、夜のリラックスタイムに、サッと塗る。
お忙しい方はハンドバックに入れて持ち歩いてもよいかもしれませんね。

爪甲剥離症は爪を強くしていくことで、予防になりえます。
普段から爪が割れやすい、カサカサ、ボロボロで弱い爪に
悩みが続いているという人は、一度、お試しになってみてはいかがでしょうか。

関連記事

爪が剥離したときの治し方、シリカ水は?┃爪甲剥離症とケイ素
爪甲剥離症はケイ素で処置治療できるか?
シリカ水で二枚爪は治る?爪甲剥離症とケイ素
爪甲剥離症を市販薬で改善、薬を使った治し方
爪水虫の症状はケイ素で治療できるか?
水溶性ケイ素水で爪の縦線が綺麗に消えたという話は本当か
爪強化ドリンクとしての水溶性ケイ素水ドリンクで薄い爪を厚くする
爪を厚くする塗り薬としての水溶性ケイ素水
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ