ストレスでケイ素不足になり爪が弱くモロくなる?

ストレスでケイ素不足になり爪が弱くモロくなるか。

ストレスと人間の体

人間はストレス状態になると体に悪い変化が起き、
酷いと健康状態を害します。

ストレス反応というのは自律神経が乱れ、
結果として交感神経が過剰に反応している状態。
脈拍も上がり、呼吸も荒くなる、内臓や血流が
活発というよりも無理に動きだしてしまっている。

下痢や胃炎など腹痛になったり、血管が収縮し
血圧が上がる、インスリンの作用低下から高血糖、
気分が悪くなり偏頭痛、めまい、食欲不振、嘔吐、
など目に見えて酷くもなってきます。

慢性的なストレスは高血圧症、糖尿病、癌などの
大病の原因にもなりかねません。

ストレスとケイ素不足

ストレスでケイ素が不足するという事実は
確認できませんが、ビタミン、ミネラル、
インスリンの作用や、代謝や吸収などの効率、
免疫機能も落ちることがわかっています。

ストレスと言えば、ウツ症状を思い浮かべますが、
体の機能や栄養成分の作用も悪くなるのです。

体内でのケイ素量が不足してきてもおかしくありません。

ケイ素は人間の体になくてはならない栄養素、
必須ミネラルのひとつですから、不足すれば
体調は悪くなります。

ストレスで爪が弱くモロくなる

ストレスで爪が弱くモロくなることは考えられます。

血行が悪くなり栄養素が行き届かない、
指先の冷えなどがその直接的な原因。

しかし爪が割れたり、崩れてくるというのは、
相当に栄養失調状態ですので、ストレスだけで
そこまでになるというのはかなり酷い。

その前に血行不良や冷えで爪の色が青紫に
見えてくるほうが先でしょう。
その段階で異変に気づくべき。

どちらかと言えば、免疫力が落ちて細菌感染、
カンジダ菌に感染しての爪甲剥離症二枚爪
もしくは白癬菌に感染しての爪水虫などから
爪がモロくなったのかもしれません。

ケイ素で強く厚い爪に

ケイ素の効果効能は多数あり、抗酸化作用や
アンチエイジング作用で体内の正常な状態を
保っています。

抗酸化作用は血管や細胞の悪玉活性酸素を
除去して若返らせる、そもそもケイ素に
血管の生成や、爪を丈夫にするコラーゲンを
促進する作用があるとされます。

また殺菌滅菌作用から細菌感染しにくい、
あるいは予防策としてもケイ素が有用。

ケイ素は体内で作りだせず、食べ物から
摂取していますが、多くを取るのは難しい。
食材に含まれるのが微量だからです。

二酸化ケイ素をシリカといいますがシリカ水
という名称を聞いたことがあるかもしれません。
市販の水溶性ケイ素水ドリンク濃縮ケイ素水
つまりシリカ水を活用すれば、日々の健康はもちろん、
強く厚い爪を形成し維持することが期待できます。

ネット通販で簡単に入手できますので、
爪のお悩みや日頃からストレスや疲労を感じる方は、
爪強化と健康維持のためのドリンク剤として
ケイ素水をおすすめします。

関連記事

ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
ケイ素不足が冷え性の原因になる?爪の色や状態は?
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
爪を厚くする方法とケイ素の活用
爪強化ドリンクとしての水溶性ケイ素水ドリンクで薄い爪を厚くする
男の爪を強く丈夫にするなら水溶性ケイ素水がいい
栄養ドリンクで爪が厚く強くなる?ケイ素ドリンクがおすすめ
水溶性ケイ素水の効能で爪を強くする

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ