水溶性ケイ素水の効能で爪を強くする

水溶性ケイ素水の効能で爪を強くすることが
できるのでしょうか。


ケイ素

シリカとは二酸化ケイ素(珪素)のこと。
必須ミネラルのひとつであり、人体になくてはならない栄養素。

ミネラルというのは亜鉛、カルシウム、鉄分、ナトリウム、カリウムなど。

水溶性ケイ素

地球上の多くの物質にケイ素が含まれており、岩石や土砂など鉱物の成分
として多く存在しています。
鉱物の構成要素ですので不溶、非水溶性。

人間の体に取り込むケイ素は、これらとは違い水溶性のケイ素。

市販の水溶性ケイ素水

水溶性のケイ素ドリンクというのは、高濃縮の水溶性ケイ素を水に含ませたもの。
ドリンク剤として市販されているならば、そのまま飲めばよいのだから手軽。

濃縮型のケイ素液であれば、水やコーヒー、紅茶に数滴たらして飲む。
ケイ素ドリンクウォーターであっても、それでコーヒー、紅茶を作れば同じことですね。

ケイ素の効果効能

ケイ素の効果効能としては、抗酸化作用、デトックス、殺菌、
恒常化、血管再生などがあげられています。

特にコラーゲンの結束を強める働きが代表的な作用。

人間の人体においても皮膚、血管、内臓、歯、髪の毛、爪など
あらゆる部位に存在しており、全身にあるといっても過言ではありません。

コラーゲンの存在するところには必ずあるとも言えます。

ケイ素と爪

ケイ素を積極的に摂取した人たちは、まず髪の毛や爪がよくなった、
丈夫になった、太く強くなったと感じる。
お肌のはりが戻ってよくなったという意見もありますが、皮膚はコラーゲンと
ケイ素の働きが顕著にでますので因果関係は明らか。

爪の主成分はケラチンというたんぱく質。
コラーゲンもたんぱく質。
良質なタンパク源の食品を食べることで丈夫な爪が作られます。

そしてコラーゲンの働きを促進するにはケイ素が必要。

水溶性ケイ素水の効能で爪を強くする

ケイ素は多くの食材に含まれていますので、ごく普通の食事をしている限り
ひどく不足することはありません。

しかし食材ごとに含まれるケイ素量が微量なことから、
まとまった量を得るのは困難かもしれません。

若い人はジャンクフードやお菓子でお腹を膨らましていませんか?
これではケイ素不足になります。

歳を取り40歳以上になれば年々ケイ素の代謝が弱くなり、
バランスのよい食事であっても体内におけるケイ素の保有量は
減ってまいります。

水溶性ケイ素水ならば、毎日の食事に加えてケイ素を摂取できますから、
ケイ素不足の懸念が払拭されます。

水溶性ケイ素水の効能で爪を強くする。
ドリンクとして飲むだけですから手軽で簡単。
健康状態もよくなり、髪の毛やお肌にもいいですね。

水溶性ケイ素水ドリンクおすすめです。

関連記事

ケイ素の効果効能と爪の関係は?
爪を厚くする方法とケイ素の活用
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう
爪を強くするサプリメントならシリカがおすすめ

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ