爪を朝に切る?切ってはいけない理由は?爪を切る時間帯とタイミング

爪を朝に切ってはいけないのでしょうか。

爪を切る時間帯とタイミングを知りたい。

夜に爪を切る

爪を切る時間帯は決められていませんが、一部で言われているのは、
夜に爪を切ると親の死に目に会えなくなるという言い伝え、諺。

爪は夜に切る、夜に切らないほうがよい?親の死に目に会えない?

昔の夜は真っ暗でしたから、爪切りで怪我をしやすいとか、
夜爪=世を詰める、といった不幸の象徴のような感じで捉えられていたようです。

爪を朝に切る

そうであれば朝に爪を切るのは縁起がよいくらいに考えられてもよさそうなものですが、
そのような言い伝えもないようです。

では、朝に爪を切ってはいけないという話はどこからきたのか。
出兵する兵士が自分の爪を残して朝出かけていったことから、帰ってこない人の遺品や
形見のようで不吉だとする考えがあったという説もあります。

これは戦時中の話でしょうから、現代においては、夜に爪を言ってはいけないよりも
もっと信憑性に欠けます。

いつ爪を切ればよいのか

夜もだめ、朝もだめ。それなら爪はいつ切ればよいの?
という疑問になってしまいます。

ストレートに考えれば昼間ということになりますが、
多くの方はお仕事中だったり、育児で子供の面倒を見ていれば、爪を切る暇などありません。

朝はもっと忙しいですから、週末など休日の朝でなければ無理ですね。

多くの方はお風呂上がり、つまり夜の時間帯に爪を切っているのではないでしょうか。
実際のところ、爪が柔らかくなっており、ゆっくりとしたリラックスタイムですので、
ネイルケアには最適な時間帯。

少なくとも朝の慌ただしさの中で爪を切るほうが余程、危険なのではないでしょうか。

1日の中でも落ち着いた時間が取れるのは夜の時間という人のほうが圧倒的に多いはず。
そうであれば、諺や言い伝えについては、嘘、迷信、都市伝説なのだと気にすることなく、
私たちは夜に爪を整えればよいのです。

爪を切る時間帯とタイミング

爪を切る最適な時間帯もありませんし、最高のタイミングというのは存在しません。

爪を切る曜日を決めておくのもよいですが、
爪を切ってはいけない曜日というのもありえません。

現在はライフスタイルも多様化していますから1日の中で
自分にとって都合のよいタイミングで爪を切ればよいだけ。

夜に爪を切ってしまった、と後悔する必要もなければ、
夜爪切ると縁起が悪いということでもないのです。

ただ、手の指の爪と足の指の爪でも話は変わってきますね。

手の爪であれば、昼休みに職場やトイレなどで切ることも不可能ではない。
しかし足の爪を外出先で切る人は少ないでしょう。

足の爪は大きくて厚くて硬いですから、やはり風呂上りのほうが、
多少なりとも柔らかくなっていて最適なタイミングと言えそうです。

もし朝の時間帯に爪を切りたいのであれば、平日のお仕事や学校に出かける前よりも、
休日の朝にゆっくりと時間を確保して爪を丁寧に整えることをおすすめします。

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法

薄い爪を厚くする強くする方法。爪を強くするサプリはある?

関連記事

爪先は、つめさき?つまさき?読み方の謎
手と爪を綺麗にしよう、女性だけでなく男性も
爪の形の種類、切り方や整え方で綺麗で健康な爪へ
爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
爪もみは、やりすぎると危険です【注意】
爪表面がカサカサなら爪の乾燥に注意
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意
足の爪の切り方のポイント、両端の切り方に注意したい
長い爪はネイルアートでよくても引っ掻くので危ない
爪を切るとストレス発散して気持ちいい?爪を切るストレスが辛い人もいる

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ