爪を厚くする方法とケイ素の活用

爪を厚くする方法としてケイ素が活用できるのでしょうか。

爪を厚くする方法

爪を厚くする方法として、特に何かをすればこうなるといったような
運動法やセオリーはありません。そこで爪の構成要素を考えてみましょう。
爪はケラチン(タンパク質)でできています。

爪を厚くするには、普段からタンパク質を含んだ食べ物を取るようにすべきであり、
同時にこのタンパク合成に必要なビタミン、ミネラル類も欠かせない。
つまり栄養不足はダメ、偏った食生活は爪が弱く、モロく、割れやすくなるおそれあり。

皮膚の状態と爪の関係

爪は皮膚が変形してできた角質なので細胞としては生きていません。
皮膚が乾燥肌になっていたり、傷ができやすいなど弱ってきたら、
何らかの原因で皮膚の構成に問題がでているわけです。

その延長にある爪もおのずと悪い状態になっていきます。
少なくとも爪が丈夫にはなりません。

なぜなら皮膚も爪も体内での細胞分裂の結果作られたものであり、体内の栄養状態、
健康状態と密接に関係があるからです。皮膚が荒れやすくて、爪だけは丈夫という
ことにはなりません。

貧血と血行の改善で爪をよくする

血液は全身を巡って栄養を体内の隅々まで、細胞へと送り込んでいきます。
この系統が悪くなれば細胞分裂や体を構成する器官や臓器にもよくないことは明白。
内臓もそうですが、髪の毛、皮膚、爪なども弱くなっていくおそれがあります。

食べ物ではレバー、しじみ、海藻などに造血作用があるのは知られていますね。
血液をとったり、貧血のときに食べるよう勧められるメニューです。

これらを食べつつ、適度な運動やストレス解消で全身の血行をよくすることが
爪を強く、厚くする方法として有効だと考えられます。

ケイ素で爪を厚くする

爪を厚くする成分や構成要素としてタンパク質、ビタミン、ミネラルが大切。
ですから栄養バランスのよい食事をこころがけていればよいわけなのですが、
もうひとつ、コラーゲンで爪が丈夫になるという話は聞いたことがあると思います。

原理的に明らかにはされていないものの、各種データから明らかになっていますし、
コラーゲンが皮膚の状態をよくすることから考えれば、爪への効果も明白。

さらにこのコラーゲンを束ねている働きをするのがケイ素だということ。

市販のケイ素ドリンクでケイ素不足解消

現代人はケイ素(シリカ)が不足していると言われています。

加齢とともに不足してくるのですが、年齢を重ねて肌や爪の状態がよくない
という人はケイ素によるコラーゲンの結束やアンチエイジング効果が薄れてきている
のかもしれません。

ケイ素は通常においては食べ物から摂取していますが、強化するのであれば、
サプリメントやドリンクから補給するのが有効です。

水溶性高濃度ケイ素や、ケイ素のウォーター、サプリメントなどが市販されて
いますから、活用することで爪を厚くすることが期待できます。

関連記事

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
薄い爪を厚くする方法ならケイ素で体内から保護ケアするのがよい
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
爪の黒い縦線は病気?ケイ素不足?
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ