爪が変色しているのは冷え性のせい?冷えと爪の関係性

爪が変色しているのは冷え性のせいなのでしょうか。
冷えと爪に関係性があるのかどうか知りたい。

爪の色について健康な人は赤っぽいピンク色をしている。
これは爪の下にある毛細血管の色であり、血行がよかったり、
赤血球が酸素を多く含んでいるほどきれいな赤になる。

爪は健康のバロメーターと言われるのは本当で、
健康状態が悪いと爪の色が変色することがあります。
紫、青紫、黒、黄色、白など様々ありますが、
冷えになっている方の爪は紫、青紫になることが多い。

これは血行不良、酸欠から変色している可能性が高く、
その原因のひとつとして冷え性、特に手足にかかる
末端冷え性が考えられます。

指を打ち付けた怪我や内出血チアノーゼでも黒っぽい、
青紫になることはありますし、内臓疾患や重篤な病でも
爪が変色する、紫になることはありえます。

しかしご本人が冷え性であることを自覚されているのであれば、
冷えが原因で爪が変色している可能性は高い。

末端冷え性に悩む女性はとても多いといいます。
悪化進行すると指先が痛いほど冷たくなってしまう。

指先を温めるのは当然として、体全体で冷えを改善してまいりましょう。

寒い場所を避けるようにし、暖かい服装を心がける。

無理なダイエットは止め食事をきちんと取る。
適度な運動をする。時間がないなら室内でストレッチ。
お風呂やサウナもよい。

冷えは万病の元。
爪の変色や悪影響のみでなく、健康全般にかかわって
きますので、1日も早い冷えの改善を目指しましょう。

関連記事

爪の色が紫色なのは冷え性なの?爪の根元付近が青紫の理由
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
末端冷え性で爪がボロボロになる可能性は?
爪の血色が悪いのは毛細血管の血液の色がおかしいから
爪の色が黒い、白い、黄色なのはなぜ?病気なの?
足の爪が変色している、その原因は?
足の爪が黒いのはなぜ?
足の爪が白いのはなぜ?
爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ