爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい

爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい、そして病気なのではないか
と疑ってしまいます。

爪の色が変、おかしいというのは危険です。

健康な人の爪は赤っぽいピンク色が正常。
この赤はどこからかというと、爪の下、指先にある毛細血管を流れる血液の色。
赤血球や酸素が多ければ赤っぽく健康。

爪の色が変ならばそれは何色かよく見ましょう。

黒だと内出血、チアノーゼ。
指をドアなどに挟みましたか?
運動などで怪我をしましたか?ぶつけましたか?
内出血が自然治癒すれば治ります。

爪が白く、かつ、剥けている、剥がれているなら、
二枚爪、爪甲剥離症の可能性。

白や緑色で爪が小さい、小さくなりかけている、デコボコならば
白癬菌という細菌感染の可能性。
爪が壊れてボロボロになっていっている。
病名としては、爪白癬、爪水虫。

病気だと思わしき兆候があれば迷わず皮膚科で
診察を受けるようにしてください。

後はいつから爪の色が変になったにも注意。
爪の病気ということでお伝えしましたが、爪の色や状態が変なとき
異常なとき、実は体のどこか内臓だとか皮膚だとか、健康を害する病気とか、
重篤な病などに侵されている可能性もあるのです。

最近体の調子が悪いとかダルい元気が無いとか、
心当たりがある場合は余計に心配。

爪は健康のバロメーターと言われます。
爪というのは皮膚が角質化して体外へ出てきたもの
ですから、直前までの細胞レベルがダイレクトに反映されている。
爪の色は特にそれを示してくれる最も簡単な情報源なのですから、
見逃さないようにしたい。

爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしいと思うよりも
体調管理、健康診断の一環のような管理で見る目を
持つほうがよいでしょう。

関連記事

爪が変色しているのは冷え性のせい?冷えと爪の関係性
足の爪が変色している、その原因は?
爪の血色が悪いのは毛細血管の血液の色がおかしいから
爪の色が黒い、白い、黄色なのはなぜ?病気なの?
足の爪が白いのはなぜ?
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
爪が小さいので指先を見られて恥ずかしい
デブなので爪を見られるのが恥ずかしい
爪の形が変なので指先を見られて恥ずかしい

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ