マニキュアを綺麗に維持するため、爪が丈夫になる4つの方法


ジェルネイルをオフした後のボロボロな爪の表面が嫌いでマニキュアをすることにした人もいるでしょう。

しかしマニキュアはジェルネイルに比べて爪への負担は少ないものの、やはり
きちんとケアをしないと爪が痛んでしまいます。

そこで、マニキュアを綺麗に維持するために意識すること4つをご紹介します。

1.爪を伸ばしすぎない

どうしても長くて綺麗な形のジェルネイルに憧れて、爪を伸ばそうとしたことはありませんか。

でも実は爪の伸びた部分は柔らかくてマニキュアが剥がれやすいんです。

爪が薄くて柔らかい人は、長い自爪を綺麗に維持するのは大変なのでおすすめしません。

2.爪を整えるときは「エメリーボード」を使う

爪切りで爪を切ると、細かいヒビが入って二枚爪の原因になってしまいます。

爪の長さを整えるときは、エメリーボードという爪専用のやすり
で定期的に整えると負担がかかりません。

お風呂上りの爪が柔らかくなっているときに整えると、ヒビが入りにくいので滑らかになりますよ。

3.お皿洗いは必ずゴム手袋をする

食器洗剤は洗浄力が強く、爪にダメージを与えてしまいます。
ネイルの艶もなくなってしまうので、必ずゴム手袋をしてお皿洗いをするように。

ゴム手袋は種類が豊富で、中には肌に合わなくて手が荒れてしまうものもあるので、敏感肌でも使える肌に優しい手袋を選びましょう。

4.お風呂上りにネイルオイル&ハンドクリームで保湿ケア

お風呂上りは爪の水分も蒸発してすぐに乾燥してしまいます。

ドライヤーで髪を乾かすときは特に爪にダメージを与えてしまうので、
髪を乾かす前にネイルオイルをすぐに馴染ませましょう。
サラサラしていてべたつかないので、そのまま髪を乾かしても全く影響はありません。

そして、髪を乾かした後はハンドクリームで手をマッサージして血行を良くし、爪にも丁寧にハンドクリームを塗って保湿をします。

爪が丈夫になる4つの方法まとめ

ちょっとだけ手間と時間がかかりますが、この4つの方法を実践しただけで爪が丈夫になることが期待できます。

爪が丈夫になると、マニキュアの持ちも全然違います。

自爪が綺麗な状態だと、マニキュアが綺麗に塗れるので、ジェルネイルの完成度と同じくらい
綺麗なマニキュアができるようになることでしょう。

爪が弱くて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ