爪の形の種類、切り方や整え方で綺麗で健康な爪へ

爪の形を整えるにあたって、爪の切り方で形成するときの
形の種類やネイルケアについて。

爪の切り方

爪の健康に最もよい切り方はスクエア。
先端を水平に切って、爪全体が四角形になるように切ります。

このスクエアから両端を少しだけ丸みをつけるとスクエアオフ
という形になります。

一般的な爪の形、先端が大きく半円になるのがラウンド。
それより丸みを作るとオーバル、先端をやや尖ったような
1点の先端の形にするとポイントという形。

爪が折れるならネイルチップ・つけ爪

手の指の爪はネイルアートをする女性も多いですが、
比較的自由に形づくればよろしいでしょう。
但し、伸ばしすぎますと、爪が折れる原因にもなりますので注意が必要。

どうしても長く伸ばしたければネイルチップ、つけ爪を活用するのがよい。

湾曲爪・巻き爪・陥入爪

足の爪については常に全体重がかかって、思った以上の圧力が
かかっています。
自然に折れ曲がって湾曲爪、巻き爪になりやすい。
そして巻き爪と同時に陥入爪にもなる可能性がある。
大抵は深爪が巻き爪、陥入爪の原因になっています。

正しい爪の切り方

爪の先端は白くなっていると思いますが、この部分をフリーエッジといい、
全て切り落とすのが爪切り作業だと考える人が多い。しかし間違い。
フリーエッジは2~3mm程度残すのが正しい爪の切り方。
これ以上は深爪であり、手の爪も同じ。

特に足の爪は深爪に合わせて両端まで切り落とす人が多く、
その結果が巻き爪や陥入爪になってしまうのです。

ネイルケアと爪切り

爪切りについて改めて考えてみましょう。
本格的なネイルケアをする場合には、爪切りは使いません。
やすりで長さと形を整えていきます。
長めに整えることから考えても、必ずしも爪切りを使う必要はないのです。

爪があるからこそ、指先に力が入ります。
手の爪も足の爪も、綺麗に整えて健康な爪を維持していきましょう。

関連記事

手と爪を綺麗にしよう、女性だけでなく男性も
長い爪はネイルアートでよくても引っ掻くので危ない
爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
爪噛む癖を止めて爪を綺麗に伸ばす方法。爪噛みの原因は心理的要因や精神的な問題
巻き爪と爪切りの関係は?巻き爪用の爪切りってある?
巻き爪を予防する爪の切り方
陥入爪の症状とは?治し方と予防法
爪は夜に切る、夜に切らないほうがよい?親の死に目に会えない?
爪を朝に切る?切ってはいけない理由は?爪を切る時間帯とタイミング

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ