爪硬くする方法は?ケイ素と爪の固さの関係

爪を硬くする方法について。

爪の固さとケイ素に関係はあるのでしょうか。

爪を補強して硬くする

マニュキュアを塗る前のベースコートを塗るようにする。

マニキュアをしていないときにツヤだし目的でトップコート
だけを塗る人もいます。

爪を保護してくれますので、割れやすい、モロい爪の方にも有効です。

いろいろと化粧品を揃えるのはお金がかかるとか、
あるいは男性の方ですと買いづらいということもあるかもしれません。
実は爪を強くするベースコートは百円ショップなどでも売っています。

こういった保護ケアだけでも違ってきます。

人によっては指先にテーピングをしたり、接着剤を塗ったり、
補強することは悪くはありません。
それでも爪専用のベースコートのほうがよいでしょう。

爪を強く厚く硬くする

爪自体を強く厚くする方法があれば、それだけで硬くなります。

爪は細胞レベルから皮膚が角質化したもの。
つまり栄養をきちんと取っていけば強い爪になります。
むしろ、この点を改善しなければ、弱い爪、割れやすい爪、モロい爪のままです。

爪はケラチンというタンパク質で構成されています。
そして少量ながらコラーゲンがあるとされており、
直接的な要因は不明ながらも、コラーゲン摂取を強化した人は
爪がよくなった強くなったと言います。

毎日のお食事で良質なタンパク質である肉、魚、乳製品、卵、
などを食べることを欠かさないこと。

コラーゲンとしては、うなぎ、豚骨、手羽先、軟骨、すっぽん、
フカヒレといった、あまり食べない食材が多いですが、無理に
大量に取る必要もありません。

それよりも栄養バランスよい食事を食べるように心がけ、
たんぱく質代謝に必要なビタミン、ミネラルを欠かさないこと。

ミネラルで言えば爪のためには亜鉛ケイ素を取りましょう。

ケイ素と爪の固さの関係

ケイ素の効果のひとつにコラーゲンの結束があるとされます。

繊維上で弾力性と強度を作っている、コラーゲンの結束を
ケイ素が促進しており、コラーゲンにケイ素が不可欠なのです。

爪を強く厚くするのであれば、タンパク質、コラーゲン、
そしてケイ素を摂取するのがよい。
爪の固さも増してくるでしょう。

水溶性ケイ素水、シリカ水

ケイ素は体内合成できないため、食べ物から摂取しています。
食事をきちんと食べることは、いろいろな食材を食べるのは、
ケイ素摂取にもつながります。

しかし食材ごとに量が少ないため、海外ではサプリメントや
シリカウォーターで補給するのが一般的になっている。

さらに年齢を重ねると代謝が下がり、体内のケイ素量が減る傾向があります。
加齢要因です、中年、高齢者は特に気をつけたい。

そこで市販の水溶性ケイ素水シリカ水)を飲むことがよい。
二酸化ケイ素をシリカと言いますが、飲むだけでケイ素補給できる。

無味無臭で普通の水と変わりません、飲みやすい。
そのまま飲んでも、コーヒー、紅茶、緑茶を作るもよし、
お料理に混ぜてもよいのです。

爪を硬くする方法のひとつとして水溶性ケイ素水をおすすめします。

関連記事

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ストレスでケイ素不足になり爪が弱くモロくなる?
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
爪を強くする塗り薬は効果ある?
爪を厚くする塗り薬としての水溶性ケイ素水
爪強化ドリンクとしての水溶性ケイ素水ドリンクで薄い爪を厚くする
栄養ドリンクで爪が厚く強くなる?ケイ素ドリンクがおすすめ
男の爪を強く丈夫にするなら水溶性ケイ素水がいい
弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ