爪に効果ない?コラーゲンの正しい取り方で爪を強くする方法


コラーゲンの正しい取り方で爪を強くする方法について。

爪が割れる縦線があるのはコラーゲン不足か

爪を強くする方法を知りたい。
爪が割れやすかったり、爪に縦線が入っているから。

加齢や乾燥なども爪が薄く弱くなる原因と考えられますが、
コラーゲンが不足している可能性があります。

コラーゲンをどのように摂れば爪によいのかなど、
爪とコラーゲンの関係を知って、ネイルケアに役立てましょう。

コラーゲンどのような栄養成分なのか

コラーゲンとはどういった成分なのでしょうか?
コラーゲンと聞くと、多くの人は美容関連を思い浮かべると思います。

コラーゲンは、皮膚や骨、靭帯を構成するタンパク質の1つ。

骨や軟骨、皮膚に弾力があるのは、コラーゲンがびっしりと隙間なく
配列されているからなのです。

美容意識だけの問題でなく健康に欠かせない栄養成分だと言えます。

ウィキペディアによると、

コラーゲンとは主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

とあり、
コラーゲンが私たちの人体のお肌や骨、血管などに含まれる
とても大切な栄養素であることが分かります。

コラーゲン、肌への効果

コラーゲンと言えば美肌効果ですが、コラーゲンは加齢とともに減ってしまう。

紫外線を浴びるなど加齢以外の要因や理由いろいろありますが、
コラーゲンの減少は年齢を重ねると肌にハリやツヤがなくなりシワ、
たるみができやすくなる原因の一つだと言えるでしょう。

コラーゲンになぜ美肌効果が期待できるかというと、
お肌の弾力を支えバネのような役割を果たす真皮の70%が
コラーゲン繊維で占められているからです。
コラーゲンはいわば真皮を支える柱のような役割を果たしているのです。

水分を保持するヒアルロン酸やプロテオグリカンと相互作用しするので、
コラーゲンはお肌に欠かせません。

爪とコラーゲンの関係

爪はケラチンというたんぱく質で作られているのですが、
コラーゲンも含まれています。

コラーゲンがなぜ爪によいのかは解明されていませんが、
摂取強化した方々は髪、爪、肌がよくなったと実感することが多い。

主な構成要素でなくても重要な役割を担っているから、改善に向かう。

コラーゲンを補給することで爪が強く、厚くなり、割れにくく、
艶やかになることが期待できます。

コラーゲン、爪への効果

体に欠かせない栄養素のコラーゲンですが、爪の質を良くする効果も期待できる。

爪とコラーゲンの関係性についてはまだ明らかになっていないことも多いのですが、
コラーゲンペプチドを摂ることで爪に改善効果があったという研究報告は実際にある。

爪をつくる素になる爪母細胞にコラーゲンペプチドが働きかけ、
代謝を促進してくれることにより爪の状態が良くなるのではないかという説もあります。

効果がないと感じてしまうのはなぜか

コラーゲンが爪やお肌によいとは言え、コラーゲンを多く含む食べ物を食べたり、
サプリを飲んでも、すぐに目に見える効果を得ることはできないもの。

口からコラーゲン成分を含むものを摂っても、すぐにそのまま肌や爪に届くわけではなく、
体内でコラーゲンを作る素となるアミノ酸に分解されてから、
コラーゲンとして再構築、再構成され吸収されるからです。

コラーゲンを摂取することはけして無駄にはなりません。

ただ、コラーゲンを口から摂ることはあくまでも「コラーゲンの素」を摂取していること
になるのでいきなり効果を期待するのではなく、ある程度は続けていく根気強さが必要だと言えます。

「明日のデートに備えて今日はコラーゲンを食べよう。きっと明日はお肌プルプル!」
というものではないのです。

爪にカルシウムが必要?

爪に必要なのはカルシウムだと思いがち。
その発想は爪が硬質であり骨のようなイメージがあるからかもしれません。

実際のところ爪は、皮膚の一部。
皮膚細胞が角質化して体外へ出てきたもの。

水分も含まれており、お肌と同じく乾燥は大敵。
乾燥が続き水分が失われると、爪が割れてしまう、割れやすい。

爪が変形した皮膚だということがわかればコラーゲンの重要性を
おわかりいただけるでしょう。

カルシウムを補給することは、爪の改善にほぼ意味がない。

コラーゲンの正しい取り方

爪にコラーゲンが必要だからと、コラーゲンサプリを
たくさん飲めばよいのかと言えば、そうではありません。

爪を強く美しく保つにはコラーゲンは必要不可欠なのは事実ですが、
コラーゲンだけを摂り入れても、その効果を発揮するのは難しい。

先の通り、爪の主成分はケラチンというたんぱく質ですから、
まずはタンパク質をしっかり摂ることが優先されます。

加えてコラーゲンを含む食べ物を食すのが爪によいわけです。

そもそもコラーゲンもたんぱく質の一種ですから、豊富なたんぱく源
を意識しながらメニューを考えていくのもよい。

まずは自分が普段、どんな食材を食べているのかチェックしてみましょう。

肉類と動物性コラーゲン

やはり、豊富なコラーゲンを含む食材というと、鶏肉や豚肉などの
肉類が向いていると言えるでしょう。

動物性コラーゲンとして代表的なのは、
豚足、軟骨、手羽先、牛スジなどをご存知ではないでしょうか。

他にも鶏皮、牛のテール。
豚バラ肉を食べてもよい。

そこでもう一工夫したいのは調理法。
肉類を食べれていればよいのかというと違います。

コラーゲンが高い温度で溶け出すことに注意したいのです。

その為、肉類を食べるなら茹でるほうが好ましい。

焼き調理よりも、茹でるような調理、すなわち煮込み料理で肉を
食べるとその煮汁まで食べることになるのでより効果的とも言えます。

魚類と海洋性コラーゲン

コラーゲンを摂るには魚類もよい。
魚類のコラーゲンの量も、肉類に劣る事はありません。

海洋性コラーゲンは、スッポン、フカヒレをご存知でしょう。
うなぎも定番メニュー。
くらげ、なまこ、にも含まれています。

大切なのは食べる部分。
魚類のコラーゲンは、魚の皮に多く含まれている傾向があります。

魚の皮が苦手だという人は、魚の皮をカリカリに焼いたり、揚げたりすると、
食べやすくなるので参考にしてください。

ビタミンCとアミノ酸、コラーゲンの関係

コラーゲンを体内に摂取する為に必要な栄養素として大切なのが、
ビタミンC。

食べたタンパク質は、体内でアミノ酸に分解されます。
どれだけ良質なコラーゲンや、タンパク質を多く含む食材を食べても、
体内では必ず分解する。

その分解されたアミノ酸を体内で合成しなおしてくれるのが、
ビタミンCなのです。

そのため、体内でコラーゲンを作り出すには、ビタミンCを含む食材も
積極的に摂取すべきだと言える。

ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれている栄養素。
代表的な食材として、アセロラやレモン、パセリなど。

毎日の食事にビタミンCを含む食材を摂り入れる意識はもちろんのこと、
それが無理ならサプリメントで補給するようにしたい。

ゼラチン

コラーゲンを簡単に摂取する方法ならゼラチンを意識的に摂りましょう。

コラーゲンを抽出して精製したものがゼラチン。
原料は、牛や豚の皮を原料として生成していく。

ゼラチンほど簡単に摂れるコラーゲンはないのです。

プリンやババロアはもちろんですが、粉末のゼラチンを使えば、
何にでもコラーゲンを摂り入れる事が出来るのです。

ゼラチンに味はありませんので、料理や飲み物に少し入れても、
その風味が変わる事はありません。

コラーゲンの大量摂取に注意

コラーゲンが爪に良いからと言って、一時期において大量に摂取しても
効果がない。体の変化はゆっくり。

コラーゲンを多く含む食材を大量に食べたり、コラーゲンサプリメントを
大量に摂取しても、すぐに爪が強くなるわけでもありません。

普段から栄養バランスのよい食生活に気をつけながらタンパク質、
コラーゲンを多くとる意識で。
コラーゲンのサプリメントなら案内されている通りの適量を守る。

それでも爪を強くする方法としては十分なことです。

コラーゲン配合の美容液

爪を健やかに保つ為にはコラーゲン入りの美容液を塗る事もよいでしょう。

食事でコラーゲンを摂取しても、すぐに効果が発揮されるとは限りません。
それよりも爪に直接塗るほうが効果は早い。

美容液は爪を保護する、乾燥から守るという観点からも意味があります。

関連記事

割れやすい爪の対策と補強にシリカ水がおすすめな5つの理由

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ