爪は夜に切る、夜に切らないほうがよい?親の死に目に会えない?

爪は夜に切る、切ってもよいのかどうか。

爪を夜に切らないほうがよい理由は何なのでしょうか。

爪を夜に切らないほうがよい理由

爪を夜に切らないほうがよい理由の出所を探っていきますと、
「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」という諺、言い伝えが有力。

あるいは、夜の爪と書いて、音読みから当て字にしていけば、
夜に詰めるので世を詰める、世が詰むとか、世界が終わるという説。

かなり滅茶苦茶で強引な理屈、屁理屈としか言いようがありませんが、
単純に昔は電灯や明かりはありませんでしたから、爪を切る際に
真っ暗であれば誤って切って怪我をするということを警告したかった可能性はあります。

もっと具体的に、暗い所で爪を切っていることで、誤って指先を切ってしまい、
出血や傷口からの細菌感染で大病になり寿命が短く、親よりも先に逝ってしまうという説
なら少しは納得できるというところでしょうか。

切った爪の汚れた匂いや、飛び散る爪が焼けて、死体のような匂い、
死臭に似ているから禁忌だという説もあるらしいですが、ここまでくるとオカルトの類。

縁起が悪いのを回避する方法

このように爪を夜に切らないほうがよいという言い伝えには、
いろいろな理由がまことしやかにあり、諸説ありますが
明確な理由や由来はわかっていません。

回避するためには、牛の爪と唱えながら牛の爪を切るフリをすれば助かるとか、
これも解釈しにくい理論であり意味不明。

そもそも現在では、夜に爪を切ると親の死に目に会えない、という話自体を知らない人
のほうが多いかもしれません。

知らない人にとっては怖くないので、平気で夜に爪を切ります。
それを目撃した家族や親戚、あるいは旅行先などでの友人は驚いて注意、警告するでしょう。

しかし、それはこの迷信を信じてる人の思い込みや間違いなのです。
宗教のようなものと言えばよいでしょうか。

夜に爪を切る人が多い?

なぜなら爪を切る時間帯がいつかと問われれば、風呂上がりと答える人は一定数いる。

むしろ夜に爪を切っている人は多いのではないでしょうか。
このことから考えても夜に爪を切っても、実際の親の死ぬ目には何も関係がないことがわかる。

結論としては、夜に爪を切ると親の死に目に会えないという話は、
嘘、迷信、都市伝説であるということになります。

夜に爪を切ってしまった、と後悔する必要もなければ、
夜爪切ると縁起が悪いということでもない。

爪は夜に切ってよい

爪を切る時間帯と夜に関係性はありません。

それは昔の話で、明るさの無い夜に爪を切ると怪我をして寿命が早まるといった
警告を伝えたかったというニュアンスの類だと考えてください。

現代においては、夜に爪を切っても全く問題ありません。
むしろお風呂上がりは爪も柔らかくなっており、足の爪を切るには特に最適。
多忙な毎日の中においては精神的にもリラックスタイム。

1日の中で最も落ち着いてネイルケアに取り組める貴重な時間帯だと言えます。

気にすることなく、夜に爪を切っても大丈夫です。

爪を朝に切る?切ってはいけない理由は?爪を切る時間帯とタイミング

関連記事

爪先は、つめさき?つまさき?読み方の謎
手と爪を綺麗にしよう、女性だけでなく男性も
爪の形の種類、切り方や整え方で綺麗で健康な爪へ
爪切りがあれば、ネイルケアに、やすりは不要?
爪もみは、やりすぎると危険です【注意】
爪表面がカサカサなら爪の乾燥に注意
巻き爪を予防し改善する歩き方は?小さいサイズの靴にも注意
足の爪の切り方のポイント、両端の切り方に注意したい
長い爪はネイルアートでよくても引っ掻くので危ない

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ