爪に艶出しするならトップコートやベースコートがおすすめ

爪にツヤを出すのにトップコートやベースコート、
ネイルハードナーを使う方法をご紹介します。

爪にトラブルがなければトップコートかベースコートを、
強度に自信がないのであればハードナーを使うのがおすすめ。

爪に艶出しする方法

爪に艶出しする方法は簡単で、形を整えて甘皮を処理した爪に
トップコートやベースコートを塗るだけです。

隅の方までがっつり塗ってしまうと剥がれやすくなるので、
甘皮部分や爪の横の端からは少し間隔を設けて塗るとキレイな状態が長続きします。

また、マニキュアのように液に密度があるわけでもないので
塗ってすぐに乾く点も魅力です。

ツヤを保たせるためには週1程度で塗り直す必要がありますが、
その際に爪にダメージはないのでとても使いやすいです。

ネイル禁止の職場やバイトでもバレない

こうしたコート系のアイテムで爪に艶出すれば、
色も透明に近いものが殆どなので、
ネイル禁止の環境でも使いやすいのがいいですね。

ネイル禁止の職場やバイトでもバレないというメリットも。

爪を強くできる

コーティングされた爪は当然ながら素爪よりも
強度が上がり爪が強くなる。

爪に受けるダメージも軽減させる効果があります。

OPIの「ナチュラルネイルベースコート」

コートは各メーカーが出しているので選択肢が豊富ですが、
OPIの「ナチュラルネイルベースコート」があります。

OPIはネイルサロンには必ずと言っていいほど置いてある
信頼性のあるブランドなので、このアイテムならハズレなし。

同ブランドのマニキュアやネイルオイルも
使用感がいいと評判よい。

液の色は紫がかったクリアピンクで、塗ると透明になります。
筆は縦長でコシがあり、どんな爪の形でも塗りやすい。

液を含みやすい筆なので、伸ばした爪のように
面積が広い爪でも難なく塗れる特徴があります。

乾くまでの時間はとても短く、
両手を塗り終わる頃には先に塗った方の爪は乾いているほどです。

塗った後の爪はみずみずしいツヤが生まれ、
あまり手先を使わなければ5、6日はツヤが持続します。

爪磨きで爪の艶出しはよくない

ネイルの艶出しに爪磨きを使っている人が多いかもしれないですね。

爪磨きは簡単でどこでもできるという大きな利点がありますが、
正直なところオススメできる方法ではありません。

爪磨きは爪を擦ってツヤを出すので、薄い爪や脆い爪、
弱っている爪に使うのは危険なのです。

素爪でもよいけれど爪の艶出しを

素爪でも形が整えられていてツヤがあれば、
それだけで清潔感や女らしさは演出することができます。

それでも爪の艶出しをすることで、
より美しくきれいな爪に見えて万人ウケしますし
男性からの印象もよいですので、ぜひ実践したいですね。

素爪だとすぐに先端がかけてしまうくらい脆い箇所があるのなら、
コーティングを日常的にするようにしましょう。
欠けや二枚爪になってしまう回数が減るはずです。

ネイルをする時間が取れないような忙しい時でも
コートを塗っていればそこそこ様にはなるので、
これからも艶出しや補強を兼ねて愛用したいアイテムです。

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ