マニキュアを爪に塗る、ネイルサロンとセルフネイルの違い

マニキュアを爪に塗る、ネイルサロンとセルフネイルの違いはあるでしょうか。

ネイルサロンの方がジェルネイルにせよマニキュアにせよ、
分厚くたっぷり塗ってくれますし、やはりネイリストの資格者の方が
素人の私たちより上手に塗ることができるのは間違いありません。

ネイルサロンに行かず自分で自宅でセルフネイルするとなると 、
うまく塗れるかは自分が器用か不器用か、デザイン的なセンスが
あるかないかによって仕上がり具合が大きく変わってきます。

セルフのほうが楽しい、ご自分でうまく塗れるというのなら、
セルフネイルでもよいでしょう。

それとも気になっているのは料金面でしょうか?

ネイルサロン選びについては専門店は価格が高い傾向にあります、
いわゆる高級店です。
趣味と実益を兼ねて自宅サロンを開いている方もいますので
そういう所では安くやってくれる可能性があります。

ネイリストの資格者がいないところでは料金が安い傾向にある
ということもチェックしたい。
もちろん有資格者を求めてやってもらうのがきれいにできます。

無資格でやるところというのは、ネイルアートはせずに、
爪の長さや形を整えるだけというネイルケア専門のお店であることが多い。
爪の長さや形をやすりで削り、甘皮処理してくれる。
ジェルネイルやマニキュア(ポリッシュ)はしないサロン。

ネイルサロンで塗るマニキュアについてはどのいくらいもつか
といえば1週間程度で剥がれてしまうかもしれません。
そのたびに通えば経済的な負担も高くなっていく。
セルフネイルなら、ご自分で少しづつケアしていけば、
そこまでお金はかかりません。

あとはセルフネイルで綺麗に塗れるかだけが最大の焦点です。

こういったことも練習ですから、ご自身で塗れば塗るほど
上手になっていくもの。

そしてたまには気分転換でネイルサロンでマニキュアを
塗ってもらうのもよいですね。プロの塗った爪は輝きやツヤが違います。
そこでネイリストの技を見れば勉強にもなるでしょう。

関連記事

爪ケアは自宅でする?ネイルサロンで?
ネイルサロンでマニキュアだけ爪に塗ってくれる?
ネイルサロンでマニキュアは爪でどのくらいもちますか?
爪が乾燥する原因はマニキュアか
男性もネイルサロンへ行ってよい?男の爪ケアお手入れ
ネイルチップとスカルプチュアとの違いは、付け爪か否か
アクリルスカルプチュアとジェルネイルとの違い┃自爪ネイル
長い爪はネイルアートでよくても引っ掻くので危ない
爪のお手入れ、初心者がすべき爪ケアは何?

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ