陥入爪が痛いときテーピングする方法

陥入爪が痛いときテーピングをする応急処置の方法があります。

陥入爪にテーピングの応急処置

陥入爪が痛む原因は指の肉に爪が食い込んでいたり、
刺さっているような状態の症状から来ていますので、
テープで肉を遠ざけてやります。

具体的なテーピングの方法としては、指に貼ったテープで
外方向や、食い込みとは逆方向に引っ張るイメージ。

テープとは絆創膏のテープ部分でもよいですし、
外科用のテーピングならなおよい。
セロハンテープでは皮膚に吸着しませんので無理。

指に巻き付けるようにテーピングしつつ、
肉が爪から少しでも離れるように引っ張る格好を作る。
爪に対する指の外側が外方向に開く感じ。

治療法ではなく応急処置

治療法と言いたくなりますが、治療法とは言えません。
あくまでも応急処置であり、その場しのぎ。
爪の鋭利な形や湾曲状況はそのままですから。

陥入爪に似た巻き爪の症状でも、爪が肉に食い込んでチクチクと痛いなら使えます。

それから歩いたり、運動をしているとテープが緩んできて効果が無くなってきます。
テーピングで痛みが和らいだと喜んで出かけていったり、激しい運動などしますと、
再び痛くなってくるのはそれ。
あるいはテープが剥がれたかもしれません。

コットンパッキング


コットンパッキングで行う処置のほうがよっぽど
患部に直接的になりますので効果的。

米粒のように小さく丸めたコットン(綿)を、
爪がくいこんでいる箇所に詰め込んで爪先を指肉から離す。

どうしてもコットンが無いとき、痛みが緊急であれば、
ティッシュペーパーやガーゼでも代用できなくはない。

このコットンパッキング法のほうが直接的で、
チクチクするような痛みがすぐに和らぐことでしょう。

テーピングは貼る人の技術によっても変わってきますが、
コットンパッキング法は誰にでも簡単にできる。

コットンパッキングとテーピングの両方を併用するのも
悪くはない。

しかし、既に爪端の指肉患部が化膿していたり、膿が出ているような状態で
コットンを埋め込みますと、かえって悪化させる恐れもありますので、
テーピングで対処したほうがよい。

テーピングの応急処置法も覚えておき、できるようにしておきましょう。

軽度ならテーピングで治し、病院での治療も考える

陥入爪の応急処置としてはテーピングでよろしいですが対処療法でしかありません。

軽度の陥入爪なら、テーピングの維持でやがて矯正されて
自然に治ってしまうこともあるのでよいでしょう。

それ以外は、最終的に専門クリニックや病院で治療するなり、
矯正器具で改善を図らなくてはなりません。

根本的な改善をしなければ陥入爪は完治しないのですから、
早めに本質的な治療を行うことです。

手の爪をテーピング保護、巻き方はどうするか

関連記事

爪テーピングの巻き方。巻き爪や陥入爪にも有効
陥入爪の症状とは?治し方と予防法
陥入爪での応急処置コットンパッキングの方法と問題点
陥入爪は何科の病院に通うべきなのか
陥入爪と巻き爪は同じようで違う症状、その違いは?
爪の周りの肉が盛り上がる肉芽腫

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ