爪を強くする食べ物は?タンパク質強化で肉や魚や卵を食べる

爪を強くする食べ物は何を食べればよいでしょうか。

爪はケラチンというタンパク質で構成されています。
よって爪を強くするには良質なタンパク源を
しっかりとることが大切です。

食べ物でのタンパク源は、肉・魚・卵・大豆製品・
乳製品など。

肉や魚、卵は動物性たんぱく質であり、大豆や野菜からは
植物性たんぱく質が摂取できます。
脂質が少ない 赤身の肉や植物性タンパク質の方が健康には良い。
しかし植物性タンパク質はアミノ酸スコアが低いため、
まとまった量のタンパク質を得て筋肉や皮膚を作るには、
やはり動物性たんぱく質である肉や魚や卵を食べた方が
良いと言えるでしょう。

タンパク質を毎日の食事からしっかりとれているとしたら、
他にはどんな栄養が必要でしょうか。

爪を強くするのにミネラルの亜鉛が有名。

ビタミンBは、たんぱく質の代謝に必要、まさに筋肉や皮膚が
細胞分裂してできていく過程に必須。
緑黄色野菜や豚肉を食べる。

爪は皮膚の一種ですが、ビタミンAは皮膚や粘膜を作るのに
必要とされます。緑黄色野菜と葉もの野菜を。

コラーゲンを摂取した人は爪やお肌や髪がよくなったという感想を挙げます。
レバー、鮭、手羽先など。
そしてコラーゲンを結束させるのがケイ素。
ケイ素は食品含有量が少ないのでサプリメントかシリカ水(ケイ素水)を
で摂取するのが効率よい、おすすめします。

総合的に考えまして、まず最初にたんぱく質が必要。
その中でも肉・魚・卵というのはビタミンやミネラルも含まれている
ということで最も爪を作るのに有効だと言えるでしょう。
毎日、肉や魚そして卵だけは確実に食べるようにしましょう。

そして多くの食材をまんべんなく食べるようにし、栄誉バランスのよい
食生活を続ければ、やがて爪も強く立派になっていきます。

関連記事

爪を丈夫にする食べ物は?タンパク質とコラーゲン
若々しい容姿と爪のため、たんぱく質とビタミンと美容シリカ水を
爪を伸ばす食べ物は?ビタミンとミネラル強化
ケラチンと爪とシリカの関係
爪の主成分ケラチンを含む食べ物は何?
爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
爪や肌に必要なのはたんぱく質とケイ素。おすすめサプリはシリカ水
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ