爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい

爪を丈夫にするにはどのような栄養素が必要なのでしょうか。

爪を丈夫にする

爪を丈夫にすると言いましても、爪は既に完成していますので、
今から強度を上げることはできません。

血管を通って血液とともに運ばれた栄養素が細胞分裂をし、
皮膚や爪は角質化して体外へ出てきます。

爪が作られる、その源は体内での細胞分裂のときなので、
体の健康状態を保ち、豊富な栄養素を摂取することで、
丈夫な爪が作られるでしょう。

爪を丈夫にする栄養素

爪はケラチンで生成されています、タンパク質です。
このことからまずが良質なたんぱく質を取ることこそが
爪を丈夫にする栄養素の基本になります。

たんぱく質の合成や代謝にはビタミンやミネラルが必要。
タンパクだけでは栄養として身になっていかないのです。

ビタミンBはタンパク質の代謝に必要であり、ビタミンAは
皮膚や粘膜を作るのに必要。ビタミンEは血行促進や
アンチエイジングの作用があります。

鉄分、カルシウムは骨および爪を作るのによい。

亜鉛が爪や髪の毛がよくなる、丈夫になるのも知られています。

コラーゲンはお肌をよくするということから皆さん食べ物やサプリで
取っているようですが、コラーゲンも髪の毛や爪を丈夫にします。

爪を丈夫にする食品

爪を丈夫にする食品としては、たまご、肉類、魚類、乳製品、
つまりタンパク質をしっかり食べる。

ビタミン、ミネラルのために野菜を食べましょう。

コラーゲンについてはレバー、うなぎ、すっぽん、などですが、
ビタミンやミネラルも豊富なので特によい。

日常的には、卵、牛乳、ヨーグルトといったものを欠かさず
食べることをベースにしていけば簡単です。

ケイ素・シリカ

ケイ素という必須ミネラルがあります。
自然界では二酸化ケイ素としてシリカと呼ばれます。

地球上の多くの物質に存在しており、人体にも内蔵や血管など
あらゆる器官に存在している。

ケイ素は、コラーゲンを束ね働きを促進する作用がありますので、
結果としてお肌、爪、髪の毛がよくなる効果が期待できます。

水溶性ケイ素ドリンクやサプリメント

毎日の食生活をバランスよくとっていれば、ケイ素も取れます。
しかしケイ素は多くの食材に含まれていながら含有量が少ない。
よってケイ素不足が懸念されます。

現代人がケイ素不足の傾向にあるのも食生活の偏りから
だと言えるでしょう。加工食品やジャンクフードやお菓子では
ケイ素が極端に不足します。

食生活がまともな人であっても、歳を取るにしたがってケイ素の
代謝が減り食べ物から得たケイ素を体内で有効に作用させにくく
なっていきます。中年以降、高齢者注意が必要。

最近では市販の水溶性ケイ素ドリンクやケイ素サプリメントが
ありますから、爪を丈夫にするにも使ってみてはいかがでしょうか。

ケイ素ドリンクやケイ素サプリは、ネット通販から入手は簡単。
毎日、微量のケイ素を追加分として補給するだけで爪を丈夫にする
ことが期待できます。

関連記事

爪の強度を上げる栄養としてのケイ素、シリカ水
爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
爪や肌に必要なのはたんぱく質とケイ素。おすすめサプリはシリカ水
若々しい容姿と爪のため、たんぱく質とビタミンと美容シリカ水を
亜鉛とシリカの効能効果で薄い爪を厚くする方法
爪を強くする食べ物は何?ケイ素を取ろう
ケイ素とコラーゲンで爪を強く厚くする方法
爪を強くする食べ物は?タンパク質強化で肉や魚や卵を食べる
爪を丈夫にする食べ物は?タンパク質とコラーゲン
爪を伸ばす食べ物は?ビタミンとミネラル強化
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ