ケラチンと爪とシリカの関係

ケラチンと爪とシリカの関係について。

ケラチンと爪

ケラチンというのはタンパク質のひとつであり硬質なたんぱく質の部類。
動物の羽毛、角、ひづめ、クチバシ、魚のウロコなどがそう。
一部昆虫の骨格にも存在。

人間においては、髪の毛など体毛や爪がケラチンで構成されています。

爪の主成分がケラチンということになります。

コラーゲンと爪

コラーゲンは美肌を目指す美容関係ではご存知かもしれませんが、
爪や髪の毛もよくなるのです。

肌のほうはコラーゲンで皮膚の水分含有量が増えることで
プルプルと肌が若返る、はりが出る、よってお肌がよくなる。

爪や髪については厳密によくなる原理は解明されていませんが、
コラーゲンを取るようした人々は爪や髪が丈夫になったと感想を述べます。

コラーゲンもタンパク質ですので、爪や髪がよくなっても
不思議はありません。骨や軟骨も強化される。

爪とシリカ

シリカとは二酸化ケイ素のことであり、コラーゲンを束ねる作用が
あるとされます。

コラーゲンの働きが促進されることでお肌、爪、髪、骨などが、
よくなることはご説明しました。

その他にもシリカは抗酸化作用、デトックス、アンチエイジング、
恒常化、毛細血管の再生など様々な効果効能があるとされ、
研究が進んでおります。

シリカを積極的に取ることは爪を強く丈夫にしていく
可能性があります。

ケラチンと爪とシリカの関係

爪の主成分ケラチンをしっかり取る。
そして合わせてシリカも摂取したい。

コラーゲンもタンパク質ですから、良質なタンパク質を食べるように
していけば、ケラチンもコラーゲンも確保できます。

肉、魚、卵、牛乳、大豆などは毎日のように食べる。
加えてレバー、うなぎ、豚足、スッポンなども食べればよりよい。

市販のシリカサプリがおすすめ

シリカ(ケイ素)は、多くの食材に含まれていますので、
あまり気にしなくても摂取できています。
しかし含有している量が極めて微量。

一定量のシリカを確保しようと思ったら、大量の食事や
特定の食材でも難しい。

そこで市販の水溶性シリカドリンクやシリカのサプリメントを
おすすめします。

特に中年、高齢者など、歳を重ねますとシリカの吸収が弱く
なっていきますので、40歳以上の方は栄養価の高い食事を
心掛けていても、慢性的なシリカ不足になりがち。

爪が割れやすかったり、剥がれてきたりしていませんか?
シリカが多少なりとも不足しているのかもしれません。

毎日、ほんの少しのシリカを加えてあげるだけで、
爪そして健康状態もよくなることが期待できるのですから、ぜひ
水溶性シリカドリンクやシリカのサプリメントをご検討ください。

関連記事

爪の主成分ケラチンを含む食べ物は何?
爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
爪や肌に必要なのはたんぱく質とケイ素。おすすめサプリはシリカ水
爪を強くする食べ物は?タンパク質強化で肉や魚や卵を食べる
爪を丈夫にする食べ物は?タンパク質とコラーゲン
若々しい容姿と爪のため、たんぱく質とビタミンと美容シリカ水を
爪の強度を上げる栄養としてのケイ素、シリカ水
シリカを定期的に摂取すると爪が強くなるか
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
ケイ素の効果効能と爪の関係は?

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ