爪が乾燥する原因と防ぐ対策

爪が乾燥する原因は何が考えられるでしょうか。

そして爪の乾燥を防ぐ対策を知りたい。

爪が乾燥するとヒビが入ったり割れやすくなります。
爪自体の弾力がなくなるからです。

爪表面の艶がなくなったり白くなったりザラザラ、カサカサしていたら
爪が乾燥している可能性があります。
あるいは縦に線が入ったり二枚爪になったりすることもあります。

爪はケラチンというタンパク質で構成されていますが、その1割から
最大で2割程度は水分が含まれています。
これら水分が蒸発もしますし不足すれば爪が乾燥した状態になっていく。

爪はもともと皮膚と同じ細胞が角質化して体の外に出てきたもの。
皮膚と特徴が似ているので、基本的には肌と同じようにケアしてあげればよい。
その意味で爪が乾燥しているようであればハンドクリームを爪に塗って
保湿してあげましょう。
さらに爪専用のネイルオイルや爪専用のジェルなどを塗れば保湿や保護には最適。

なぜ爪が乾燥してしまうのでしょうかその原因は?

季節の秋冬は空気が乾燥しています、お肌が乾燥するのと同じよう爪も乾燥します。
夏は紫外線の影響で爪が傷み潤いが奪われるとも言われています。

エアコンなど乾燥した部屋に長時間入ると爪が乾燥します。

マニキュアネイルを落とすための リムーバー(除光液)が爪の潤いを
奪っている可能性があります、使う回数を減らしましょう。

台所の洗剤ハンドソープが手や指そして爪の水分を落としてしまっている
可能性があります。石鹸を使うようにすればよい。

爪の乾燥を防ぐ対策について。

単純に体の水分が減っても爪の水分が減ります。
水分補給については水やドリンクを飲むこと単純にそれだけの
簡単なことですので実行してください。

他には、爪の周りや指先をマッサージすることで血流が良くなり、
血行促進、新陳代謝も上がるので良い爪がどんどん生えてくる。
爪にも水分が回っていく可能性が高まります。

普段から手袋を着用するようにしたり何かの作業をする時には軍手をする。
台所で皿洗いする時にはゴム手袋をするといった物理的な指先と爪の保護
をするのも爪にとても良いです

太くて厚い爪は立派であり、保水性も高めていけます。
そのためにも普段から栄養バランスの良い食事をしていきましょう。
まず爪の原料となるケラチンはたんぱく質ですから肉や魚卵を毎日必ず食べる。
大豆製品もよい。各種ビタミンとミネラルは、たんぱく質の代謝を高め
ミネラルは爪を丈夫にします、代表的な物は亜鉛。
それから爪を良くするためにはコラーゲンもとりたい。
コラーゲンを結束させるミネラルのケイ素も取りましょう。

関連記事

爪表面がカサカサなら爪の乾燥に注意
爪が白いのは乾燥していることが原因か
爪が乾燥したらハンドクリームを塗ればよい
爪が乾燥する原因はマニキュアか
爪のお手入れ、初心者がすべき爪ケアは何?
爪を強くする塗り薬は効果ある?
爪のケア用品としてのネイルオイル
爪ヒビ割れ補修にケイ素は効果あるか
爪ケアは100均のネイルグッズでもお手入れできる
爪ケアは自宅でする?ネイルサロンで?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ