足の爪が変色している、その原因は?

足の爪が変色していたら驚きます。
原因は何なのでしょうか?
まずは、その色に着目してみてください。

健康な人の爪は赤っぽいピンク色。
これは指の中、爪の下にある血管を流れる血液の色が見えています。

足の爪が黒い場合は内出血。
足をぶつけたり打ち付けたり、ドアなどに挟んだり、
運動で怪我などしませんでしたか?
体内で出血していますが、自然治癒しますので、
熱くなった患部をアイシングなどで冷やしてあげましょう。

白い場合は爪が剥がれたてしまったり割れた、
二枚爪、爪甲剥離症が考えられます。
治し方としてはさらに割れないようにテーピングなどで保護しつつ、
新しく生え変わるのを待ちましょう。
乾燥にも気を付けてください。

あるいは白いと同時に爪が小さくなっていたり、
ボロボロにモロくなっているのであれば白癬菌に感染している可能性があります。
爪白癬、爪水虫です。

緑色のグリーンネイルをご存知でしょうか?
スカルプ、ジェルネイル、ネイルチップというのは大抵、
手の指に付けるものですが、本物の爪との間にカビが生えてしまって緑になります。
足の爪が緑になるケースは少ないとは言え爪水虫と同様にご注意ください。

爪は健康のバロメーターとされます。
爪の形や色から全身の健康状態が推測できるというわけ。
普段から観察しておきたい。
足の爪を切るときに毎回見ればよいでしょうが、靴下やストッキングをはくとき、
風呂のときなどに毎日見れればなおよい。

それから足の爪に関しては靴との関係性が大きい。
高いハイヒールも足全体や爪に負担をかけますし足より小さい、
あるいは小さめの靴を無理に履きますと、
窮屈な分だけ爪も圧力を受けて折れ曲がって湾曲したり、
小さくなったりと変形する恐れがあります。

小さな靴は、ブーツと同様に水虫の温床にもなりやすい。
爪水虫対策としても意識しておきたいですね。

関連記事

足の爪が黒いのはなぜ?
足の爪が白いのはなぜ?
爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい
爪が変色しているのは冷え性のせい?冷えと爪の関係性
爪の血色が悪いのは毛細血管の血液の色がおかしいから
爪の色が黒い、白い、黄色なのはなぜ?病気なの?
爪の色が紫色なのは冷え性なの?爪の根元付近が青紫の理由
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
足の爪で内出血したらどうなる?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ