爪の色が紫色なのは冷え性なの?爪の根元付近が青紫の理由

爪の根本付近や爪全体の見た目の色が青紫や紫なのは、
どのような理由からでしょうか。

そして冷え性と爪に関係はあるのでしょうか。

爪の色

健康な爪は見た目の色がピンク。
これは血管や毛細血管を通る血液の色であり、赤っぽいほど元気。

もちろん赤が強すぎるもの問題ですが、赤血球の色であり、
スムーズに血液が流れて酸素や栄養を運んでいる状態。

爪の色が青紫

では爪の色が青紫や紫になったのはなぜでしょう。

まず血液の流れが悪くなった血行不良。
さらに指先付近をぶつけた外傷のときや指をドアに挟んでしまったときなども
紫っぽくなりますね。
これは体内で内出血しています。
爪の根元だけが酷く青紫なら外傷からの内出血でしょう。

寒い時や驚いたりショックを受けて血の気が引いいたときに顔が青ざめます。
これも同じ状態で、血行不良や貧血の状態。

足、腕、お腹、体のどこでも打ち付けて鬱血すれば青紫になる、内出血。
いわゆるアザですね。

血液は栄養とともに酸素を体内の隅々まで運んでいます。

血行不良ですと黒っぽく見える、酸欠だと青っぽく、紫っぽく見える。
これらは混じりあった色になることになりますが、顔色や体の全てが共通で、
爪も同じなのです。

冷え性

冷え性とは慢性的に体が冷えて寒い状態。
特に女性に多い症状。
単に体が寒いのとは違います、気温や室温が低い場所では誰でも寒いですから。

冷えの原因は、無理なダイエットなど摂取カロリー不足、エネルギー不足、
逆に食べているのに寒いのは代謝機能の低下、そして血行不良。

単純に運動不足で食べたものをエネルギーに変える燃焼効率が
悪くなっていることもそうですが、何かの病気で内臓機能が低下している
こともあります。

そして末端冷え性は、手や足の先だけが特に冷たく痛いといった症状。
これは血行不良の可能性が高い。

目安としては暖かい場所へ行っても、手足を何らかの方法で温めても、
冷たいままだったり。いくぶんんか温まっても、やがてすぐに冷たくなったり。
酷くなるとその冷えから傷みさえ感じてきます。

冷え性と爪の関係

前述しました通り、爪の色は健康であればピンク色であり、
血行不良、血液な流れが悪くなりますと紫や青紫に見えることがあります。
血液中の酸素不足、酸欠もそう。

つまりの色がに見えるのは冷え性末端冷え性が原因の可能性もあるのです。

冷え性の改善方法

冷え性を改善すれば爪の色も正常になる。
そもそも爪の色がどうあれ、寒くて痛い冷え性は解消したいもの。

冷え性を改善する方法としては、きちんと食事をしてエネルギーを取ること。
甘いものも元気になりますが、一過性でビタミンも奪いますので、
炭水化物を取ると熱への転化が長持ちします。

定期的に適度な運動をすると代謝効率が上がり、自力で体が温まりやすくなる。

また単純に暖かい場所に居るようにし、暖かい格好や服装で体を冷やさない。
風呂、温泉に入るのもよい。

熱いドリンク、温かい飲み物を飲めば体はホカホカしてきます。
飲み物でも冷たいものは避け、夏でもホットドリンクを飲むようにする。

以上は日常で簡単に実践できる冷え性改善対策方法ですので、
今日からでもお試しください。

これらに加えて、冷え性の改善サプリメントやドリンク剤も市販されていますので、
そういったものを活用するのも冷え性には効果的だと言えるでしょう。

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法

薄い爪を厚くする強くする方法。爪を強くするサプリはある?

関連記事

ケイ素不足が冷え性の原因になる?爪の色や状態は?
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
爪が変色しているのは冷え性のせい?冷えと爪の関係性
爪の血色が悪いのは毛細血管の血液の色がおかしいから
爪の色が黒い、白い、黄色なのはなぜ?病気なの?
足の爪が変色している、その原因は?
足の爪が黒いのはなぜ?
足の爪が白いのはなぜ?
爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ