爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法


爪を強くする厚くする方法はあるのでしょうか?

毎日の食事で食べる食材からの栄養素や、サプリメントを取ることで
爪を厚く強化することはできるのかどうか。

ケイ素で爪を厚く強化することができるかについて解説いたします。

爪は健康のバロメーター


ご自身の爪の状態をご存知ですか?爪の形や色がどうなっているか?
表面がデコボコだったり波打ってたり、割れてたり、変色しているとか。

自分の体の健康状態を知るために1年に1回健康診断を受けて、血液検査や
レントゲンなどで体の内部、内臓の状態などを調べることはありますね?
そうやって体の各部分を厳密に検査にかけて気にする、あるいは
悪いところがあれば医師の指導を受ける、治療を受ける、改善に取り組む。

爪も体の一部ですが、そのように気にしているという人は少ないのではないでしょうか。
体の外に生えていて、目で見えているから把握できてるつもりなのか、
爪が無くても困らないから気にならないのか。
でも実は、爪の状態はかなり重要。

爪は体の中を流れる血液によって、指の先まで運ばれてきた栄養素を元に
細胞分裂して作られた皮膚が変化していき角質化することで形成されたもの。

体内で形成されているということは、これまでの過去の健康状態から作られ生えてきている。
つまり体の中の状態をダイレクトに示すサインにもなりえる。
だからこそ爪の変形や異常には健康状態や体の変化との問題が示唆されていることが多いのです。

まさに爪は健康のバロメーターと言えるでしょう。

爪の状態や変化に気をかけよう

最近はネイルサロンが流行っていますが、希望のネイルにしたくても
爪が弱いとできません。

女性はネイルやマニキュアをしたり除光液で落としたりと、
男性よりは爪の状態に敏感なはずですのでまだよいでしょう。

男性も、爪を健康のバロメーターとして気にするべき。
最低限、爪を切るときには気づくでしょうけれど、
いつも見るようにしてみてください。

爪の色が変だったり厚みがなくなってたり、モロい爪は要注意。

三層で形成される爪の最も上層がはがれる二枚爪の症状も、
何らかの異常を示している。薄くはがれるくらいなら
大きな健康問題には発展しませんが、爪がモロく、弱くなっている
ことは間違いありませんので、毎日の食事において栄養の偏りが
あるのかもしれません。

爪の色は、血管を流れる血液の色が見えています。
ですからピンクっぽい赤色に見えるのが正常。
血行不良なら紫色になったり、内出血だと黒になったり。

先端の白が広がりすぎてたら爪甲剥離症かもしれません。

爪白癬が広がって爪水虫になれば最悪は爪がモロく壊れて
崩れてしまう可能性もあるので放置してはいけない。

とにかく爪に無関心なのは駄目ということ。
日頃から意識して爪を注視してください。

爪が割れやすい原因

爪が割れやすい原因は、単純に荷物を運んだり、
爪に負荷がかかるお仕事など、外からの物理的圧力の場合も
ありますが、台所洗剤やマニキュアや除光液など
何らかの薬剤からの悪影響でモロくなっていることもあります。
これが原因で二枚爪にもなりえる。

こういった外的原因であるならば、それらを避けるようにしつつ、
保護ケアを心掛けてください。爪に無理な圧力をかけない工夫。

特に外的な要因が思い当たらなければ、そもそも生えている爪が
薄い、弱いということが原因になっているでしょう。

爪も細胞分裂の結果として作られたものですので、栄養素の
不足かもしれません。
毎日の食生活で、バランスのよい食事をとれていますでしょうか?

薄い爪を厚くする強くする方法

爪が薄いことが生まれつき先天的な体質であれば、
厚くすることは難しいので、割れたり折れたりしにくいように
短く切り揃えたり、ネイルオイルでケアしてあげること。

ただ、以前以前よりも最近になって薄い爪になってしまった
ということであれば、
乾燥や食生活の乱れや冷えを改善するように意識してみてください。
栄養の面や血行促進で爪をよくするのです。

薄い爪を厚くする強くする方法。爪を強くするサプリはある?

爪を強く厚くする栄養素

爪を強くする、厚くするにはどのような栄養素が必要なのか。
食べ物としては何を食べれば割れにくく折れにくい強い爪にしていけるのか知りたいところ。

爪はケラチンというタンパク質で構成されています。
皮膚よりも堅くて、体毛や動物のクチバシ、魚のウロコなどと同じで似ている成分。

ですからまずタンパク質をしっかり取ることが大事。
肉、魚、牛乳、卵などを食べましょう。

そしてタンパク質の合成分解代謝にはビタミン類が必要。
ミネラルの亜鉛やカルシウムも爪がよくなると聞いたことがあるかもしれません。
ビタミンおよびミネラルを摂取するのに緑黄色野菜もよい。

コラーゲンというタンパク質は爪にはそれほど多くはないものの、
骨や軟骨など関節や内臓を含め細胞分裂とともに体内では大きな役割を果たす。
お肌ケアなど美容の話ではよく聞くでしょう。
コラーゲンを摂取することで爪が厚くなったという報告があり、
爪を強くするにはコラーゲンも必須と考えておきましょう。
フカヒレ、豚足、手羽先、すっぽん、牛スジ、軟骨、うなぎ、レバーなどで
コラーゲンを摂取できます。

ケイ素(シリカ)

ケイ素をご存知でしょうか。
人間の生命維持に必要な必須ミネラルのひとつですので亜鉛と同じ部類。
二酸化ケイ素はシリカと呼ばれます。

シリカはコラーゲンを束ねる役割、コラーゲン組織を強くする働きを担っている。

骨や軟骨にはコラーゲンが必須であり、ケイ素が不足すると、
とたんに関節や骨などが弱くなっていきます。
コラーゲンで爪もよくなるわけですから、
そのコラーゲンを促進するケイ素を重視したい。

ケイ素は体内合成できないため、食べ物から摂取する必要があります。

ワカメの茎、ジャガイモ、あさり、バナナ、シリアル、わかめ、ひじき、
ゴボウなどにケイ素が含有。
それ以外にも様々な食材にも含まれていますから大抵は無意識のうちに取れております。

ところが現代人はケイ素の摂取が不足しているという指摘がある。
毎日の食事の栄養バランスの問題やメニューの偏り、
あるいは加工食品からの悪影響でしょうか、ケイ素を充分に取れていないという事実。

また、40代以上の中年や高齢者はケイ素の吸収や代謝が落ちますので、
体内のケイ素量や実質的な吸収量が少なくなりがち。
年齢からの加齢要因にも注意が必要なのです。

ケイ素が減るとコラーゲンが束ねられなくなり組織も弱くなる。
コラーゲン不足は髪、骨、内臓、そして爪にも悪いほうの影響が現れます。

爪が弱くなっている人、髪が細く弱くなっている人、
内臓機能が低下している人などは、ケイ素不足に該当する可能性があり。

ケイ素で爪が厚くなった

不足しがちなケイ素を水溶性ケイ素水(シリカ水)ドリンクのウォーターや、
ケイ素サプリメントで取って栄養補給する方法をご提案します。
これは効果的な方法。

口コミや評判を見てみますと、市販のケイ素(シリカ)サプリメントや
水溶性ケイ素水ドリンク(シリカ水)を使った人が、まず最初に
爪や髪が厚く太くなった、よくなった、といった変化を感じているそうです。

健康維持目的や内臓機能の向上を目指しつつも、
最初に目に見えて変わったのは爪だったという意見が少なくない。

他にもケイ素の効能効果として抗酸化作用、殺菌滅菌、デトックス、
アンチエイジング、生命状態の正常を維持する恒常化、血管の再生などが
挙げられていますので、健康にもよいのは言うまでもありません。

爪を強くするケイ素・シリカ

爪が弱い、割れやすい、薄い、など、爪の状態が良くない人、
健康に不安がある、内臓機能が低下しているように感じる人、
こういった方々は、一度、水溶性ケイ素水(シリカ水)ドリンクや
ケイ素サプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。

ケイ素自体の必要摂取量はそこまで多くはありませんので、
濃縮型ケイ素液(濃縮ケイ素水)なら、毎日飲む水やコーヒーの中に
数滴垂らすだけ。味も変わりません、ケイ素は無味無臭。
お料理のときに食材の中に加えてもよいでしょう。

ケイ素ウォーターなら水溶性のケイ素を含ませた水として
ペットボトル詰めで市販されていますので、単純にそのまま飲むだけ。
普通の水と味に違いはありませんのでご安心ください。

※【飲むケイ素】シリカ水おすすめの記事
割れやすい爪の対策と補強にシリカ水がおすすめな5つの理由

これで毎日ケイ素の摂取を補強できますので、続けていけば少しづつでも変化がある。
ケイ素の補給によって爪も強く厚くなっていくことが期待できます。

また、ケイ素自体にデトックス作用があるとされていますので、
必要量を越えた余分なケイ素は自然に体外へ排出されます。
過剰摂取の心配はありません。

もちろん大量のケイ素を取れば取るほどよいということはありません。
何事も適量というものがございます。
基本は毎日のお食事からバランスよく栄養素を取ること。
これに加えて、爪を強くする成分としてのケイ素(シリカ)の摂取がよいのです。

市販の水溶性ケイ素ドリンク、濃縮ケイ素水、ケイ素サプリメントは、
ネット通販ですぐにお求めいただけます。

日常のドリンクやお食事に合わせて手軽で簡単にケイ素補給できますので、
ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。おすすめです。

※シリカ水はこちら
シリカ水(ケイ素水)濃縮ケイ素水の比較おすすめ

関連記事

爪の色が紫色なのは冷え性なの?爪の根元付近が青紫の理由
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪が伸びすぎてハイポニキウムの爪下皮が痛い
ケイ素を使った爪甲剥離症の治し方
爪甲剥離症はケイ素で処置治療できるか?
爪水虫の症状はケイ素で治療できるか?
爪を朝に切る?切ってはいけない理由は?爪を切る時間帯とタイミング

おすすめ

★おすすめ★

<塗る>
製薬会社がこだわった独自処方
「にごり爪」「くずれ爪」
「カサつき爪」「変色爪」
諦める前に試してください。
Re:Bonel(リボネル)/爪ケア用ジェル

<飲む>
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ