爪の構成成分から強い厚い爪を作るヒント

爪の構成成分はタンパク質のケラチン。
残りは水分、脂肪、炭素など。
多くはケラチンであり次に水分になります。

水分を含んでいるため湿度の影響を受けます。
乾燥している季節や場所では、爪からも若干の水分が蒸発して硬くなります。
同時に割れやすくなるので、それを防ぐため保湿したい。

ハンドクリームはお肌に塗るものですが、乾燥を防ぐため
爪に塗るにも悪くはありません。
もともと爪は皮膚が角質化して体外に飛び出したものですから
似た存在でもあります。

爪専用の塗り薬やジェルなども市販されています。
保湿、保護の効果がより見込めるでしょう。

強い爪を作るには原料となるケラチンが必要。
良質なタンパク源をしっかり食べたい。
たんぱく質と言えば肉、魚、卵、豆類など。
栄養失調になるくらい栄養不足でなければ爪はある程度生えますが、
栄養が多いほうが爪がより強くなるのは言うまでもありません。

たんぱく質を代謝するのにビタミンが必要。
野菜や果物を食べ、サプリメントで補給するのもよい。

ミネラルの亜鉛も爪を太くするとされるので取りたい。

美肌になるコラーゲンは爪にはほとんど含まれていませんが、
摂取を多くした人は爪や髪の毛がよくなったと言います。
爪や髪は皮膚が角質化した角質器の一種ですから、
皮膚同様によくなっても不思議はありません。

コラーゲンは繊維状で、だからこそ強度と弾力性を備えている。
このコラーゲンを結束させるのがミネラルのケイ素。
二酸化ケイ素はシリカですが、シリカ水というドリンクを聞いたことが
あるかもしれません。

いろいろな栄養素をバランスとく取っていれば、
特に問題なく正常な爪は生えてくる、伸びるのですが、
爪はすぐには作られませんので、日頃から、
爪ケアの一環として食べ物にも気を配るようにしましょう。

関連記事

爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ケラチンと爪とシリカの関係
爪にはタンパク質とコラーゲンとシリカの組み合わせが最強
爪を強くする食べ物は?タンパク質強化で肉や魚や卵を食べる
若々しい容姿と爪のため、たんぱく質とビタミンと美容シリカ水を
爪を伸ばす食べ物は?ビタミンとミネラル強化
亜鉛とシリカの効能効果で薄い爪を厚くする方法
爪を丈夫にするにはどんな栄養素が必要?ケイ素がよい
爪の強度を上げる栄養としてのケイ素、シリカ水
爪を強くするサプリメントならシリカがおすすめ

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ