爪に黄ばみが見られるのは病気なの?

爪に黄ばみができるのはいくつかの要因が考えられます。

タバコを吸う方、あるいは喫煙者と同居していると、
煙草の煙に含まれるヤニの成分によって爪が黄ばむことがあります。
壁や天井に黄ばみが見られるのであれば、おそらくそうです。

みかんなど柑橘類の果物を食べましたか?
みかんのβカロテンが皮膚の色素に付着して着色したようになった状態。
たくさん食べるほど色が付着しやすい。
これは表面的なものなので水で洗えば落ちます。それでもだめなら
石鹸とぬるま湯で洗ってみてください。
あとは放置で自然に色は戻りますが、あまりにも柑橘類やカボチャなど
緑黄色野菜を食べ過ぎた場合、その色が血液に反映されて、結果、
ミカンの食べ過ぎで爪が黄色っぽくなったという人もいるようです。
そうは言いましても相当大量に食べすぎた場合のみであり、
栄養バランスよくいろいろなものを食べていれば確率的には
まずなりませんのでご安心ください。

爪甲剥離症においては、剥がれて浮遊した爪が白くなるか、
もしくは黄色っぽい白に変色します。
これが黄ばみに見えるかもしれません。

こういった直接的な原因が思い当たらない場合、
黄色爪症候群という病気が考えられます。
異常に爪が厚くなっていたら可能性あり。
これはリンパ系など体のどこかが病気にかかっている可能性があります。
気になるようであれば病院で診察を受けるようにしてください。

爪というのは皮膚が角質化したものですから、
皮膚炎や敏感肌など、皮膚が弱い、アレルギー体質、
という方は、爪が変色する可能性が高いと言えます。
爪の黄ばみも原因が皮膚異常でしたら、皮膚のほうの治療によって
改善できる見込みがあります。

関連記事

爪の色が黒い、白い、黄色なのはなぜ?病気なの?
爪が変色しているのは冷え性のせい?冷えと爪の関係性
爪の色が変なので指先を見られて恥ずかしい
足の爪が変色している、その原因は?
爪の血色が悪いのは毛細血管の血液の色がおかしいから
足の爪が黒いのはなぜ?
足の爪が白いのはなぜ?
爪の色が紫色なのは冷え性なの?爪の根元付近が青紫の理由
寒くないのに爪の色が紫や青紫なのは病気?酸欠?ケイ素不足?
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ