爪が割れる弱いのと肌荒れは関係ある?

爪が割れやすい、弱くてモロいのと、肌荒れは関係あるでしょうか。

爪は皮膚細胞が角質化して体外へ飛び出してきたもの。
つまり皮膚に近い存在。
皮膚のトラブル、肌荒れと爪が弱いことには関係があります。

爪も皮膚も構成成分はタンパク質。
タンパク質はアミノ酸の代謝によって生成され、ビタミンBが必要。
皮膚や粘膜にはビタミンAの作用しています。

普段の食べ物で肉や魚、卵など良質なタンパク源を取れて
いなかったり、野菜などからビタミンが不足しますと、
肌荒れにもなりがちですが、爪が弱くなっていることに気づくでしょう。

また、ミネラルの亜鉛は爪や髪の毛をよくすることで知られていますが、
お肌にも同じ。

美肌を目指す方はコラーゲンを補給しようとしているかもしれません。
コラーゲンは皮膚だけでなく、取った人々は
爪や髪がよくなったと声を挙げます。
コラーゲンを結束しているのはケイ素。
ケイ素も補給すればお肌、爪、髪がよくなることになります。

成分や食べ物について考えてまいりましたが、
睡眠やストレスで肌の状態が悪くなるように、
爪や髪の毛も弱っていくはずです。

爪がボロボロだけど、肌艶はよいという場合は、
栄養不足ではなく違う原因で爪が異常になっているでしょう。

つまり爪が割れやすい、弱くなったというときには、
時期を同じくして肌荒れになっている可能性が高い。
その逆もまたしかり。
あるいは体がダルいとか、疲れやすいとか、食欲不振、
消化不良などにもなっていないでしょうか。

爪は健康のバロメーターとも言われます。
体の調子がよいときはお肌のハリやツヤもよいように、
健康状態をチェックするためにも爪の状態を意識するようにしましょう。

関連記事

割れやすい爪の対策と補強にシリカ水がおすすめな5つの理由
爪に黄ばみが見られるのは病気なの?
亜鉛で爪が伸びる?爪が強く丈夫になる?
爪で健康チェック。爪で健康がわかる?
足の爪がよく割れるのはなぜ?
爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
末端冷え性で爪がボロボロになる可能性は?
若々しい容姿と爪のため、たんぱく質とビタミンと美容シリカ水を
爪の主成分ケラチンを含む食べ物は何?
爪を強くする塗り薬は効果ある?
爪硬くする方法は?ケイ素と爪の固さの関係

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ