弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪に

弱い爪、割れやすい爪、モロい爪をケイ素で強い爪に改善できるのでしょうか。

そもそも何故、爪が弱かったり、爪が割れるのか。
爪トラブルの原因は?

爪の状態

爪は皮膚が変形し角質化たものであり、細胞としては活動を停止したもの。
髪の毛と同じで自分の体の一部なのに切っても痛くありませんよね?
このことからも爪が通常の皮膚と違うことがおわかりになるかと思います。

皮膚も爪も髪も、体内の細胞分裂の結果として体外に作られたもの。
体内のものが体外へ出た状態なのですから、普段は見えない体の中の状態を
知ることができる、可視化した健康のバロメーターとも言える重要な存在。

皮膚が荒れたり、爪が弱くなったら、健康状態がよくないという体からの
重要なサインであると意識してみてください。
特に爪については厚み、スジ、色、甘皮など変化や形状からわかることが
たくさんあります。

弱い爪

弱い爪はモロく、薄い、割れる、折れる、など爪が破壊されてしまいやすい。

爪自体の構成要素が少ないわけです。
その原因として、爪がタンパク質でできていることから、食べ物からの
タンパク質が足りないといった栄養不足が考えられます。

一見、カルシウムが必要に思えますが、実は微量。
それよりも先の通りタンパク質が重要であり、皮膚の延長という意味では
コラーゲン不足で肌の調子や爪が悪くなります。

もちろん、あらゆる栄養素が関係していますので、栄養バランスのよい
食生活を心がけるべき。

割れやすい爪

割れやすい爪は、すぐに割れてしまう、欠けてしまう。

原因としては、深爪や小さく窮屈な靴など履いたりして、爪を本来の
正常ではない形状へ追い込んでいる。

乾燥していても割れやすい。冬場やエアコンに注意ですが、
肌のクリームを爪にも塗ってケアするのもよいでしょう。

爪切りのときに割れるという方は、なるべく爪切りを使わずに、
やすりで削ってお手入れしましょう。

他の要因として何らかの成分で爪自体の構成要素に影響を与えてしまうと
溶けたり削れてしまうことも。
例えば台所洗剤、除光液、リムーバーに注意してください。
爪の成分が弱くなったり割れやすくなっているかもしれません。

割れやすい爪の対策と補強にシリカ水がおすすめな5つの理由

爪に必要な栄養素は?

爪に必要な栄養素としては、爪自体がタンパク質ですから、
肉、魚、大豆、卵、牛乳など良質なタンパク源を取るようにする。

コラーゲンというたんぱく質は、肌のシワやたるみを改善することで
知られていますが、爪や髪が太く丈夫になることが数々の実験結果でも
明らかになっています。

ビタミンでは、皮膚などの形成に関係するビタミンA、
タンパク質の代謝に関係するビタミンB、
アンチエイジングのビタミンDなどビタミン類が挙げられる。

ミネラルとしては亜鉛が有名ですね、爪や髪が強くなる。
あとはケイ素というコラーゲンの働きを強くするミネラル成分を補給したい。

市販のケイ素ドリンクで爪を強くする

コラーゲンを結束するにはケイ素(シリカ)が必要で、ケイ素不足ですと、
コラーゲンが有効に構成されません。

肌、髪、そして爪の状態が悪い人は、このケイ素が不足している可能性を
意識してみてください。

通常、ケイ素は食べ物から取っているのですが、市販のケイ素ドリンクや
ケイ素のサプリメントで補給していくことで、爪、髪、肌をよくする、
爪を強く厚くすることが期待できます。

弱く割れやすい爪をケイ素で強い爪にしましょう。

関連記事

爪が割れる原因はケイ素不足?シリカ強化を
爪ヒビ割れ補修にケイ素は効果あるか
爪を強くするケイ素で爪を厚く強化する方法
ケイ素の効果効能と爪の関係は?
爪を厚くする方法とケイ素の活用
ケイ素サプリメントで爪を丈夫にしよう
爪を強くするサプリメントならシリカがおすすめ
ケイ素が不足すると爪にはどのような症状がでるのか
爪の色が紫なのは病気?ケイ素不足?
爪の黒い縦線は病気?ケイ素不足?

おすすめ

<おすすめ>
【シリカ水】
1Lあたり97mg シリカ含有の天然水。
美容と健康を維持するケイ素を飲むだけで簡単に摂取。
爪をよくするケイ素(シリカ)をペットボトルで手軽に摂れる。
霧島天然水のむシリカ